クラウド型販売管理ツール

2019/12/18

売上予測って何?売上目標との違いと予測方法をご紹介

売上予測って何?売上目標との違いと予測方法をご紹介

こんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。

「売上予測」とはどのようなものを指すかご存知でしょうか。簡単にまとめると「売上予測」とは、過去のデータから今後の動向を予測することを指します。売上を正確に予測することで、会社の行く末を導き出すことができるのです。今回は、売上予測と売上目標との違いや、売上の予測方法についてご紹介します。

目次

    売上予測とは

    ここでは、売上予測の定義から売上目標との違いについてご紹介します。売上予測について理解を深めましょう。

    売上予測の定義

    そもそも売上予測とは、過去の売上データなどの記録から分析を行い、今後の売上を予測することを指します。これを行うことで、半年後、一年後の会社の資金や会社内のお金の使い道を考えることにつながります。

    売上目標との違い

    売上予測と目標の違いは「理想」か「現実みを帯びているか」といえます。売上目標は、過去のデータを分析し、それに基づいて現実的に達成できる数字を導き出す必要があります。一方で目標は、今後どれくらいの数値を伸ばしたいかと、理想を掲げることです。必ずしもその数値に縛られる必要はありませんが、目安として使われます。

    売上予測をしっかりしないと…

    売上予測はあくまで予測だからと軽視してはいけません。正しい予測ができていないと様々な問題が生じてしまいます。下記では、売上予測が必要な理由やしっかりとできていない場合に起こりうる問題についてご紹介します。

    在庫管理に問題が生じる

    売上予測は、在庫管理まで影響を及ぼします。売上予測が、会社の半年後、一年後のお金の使える額を決めることから、それに基づいて事業計画が行われます。販売の計画を立てて、それに合わせて商品の生産量を決めていきます。この時、売上予測をしっかりとしていないと、予想以上の売上による在庫不足や売上減少を招いた際の問題が大きくなってしまいます。

    予測した売上が実際の売上よりも低かった場合には、在庫が足りなくなって生産が追いつかなくなったり、原材料が足りなくなったりしてしまいます。また、予測した売上が実際の売上よりも高かった場合には、在庫が余ってしまいます。

    資金繰りに問題が生じる

    過去の売上データを分析し、それに基づいて今後の資金繰りを考えます。半年、一年後に入るお金を予測し、お金を返済する計画を立てていきます。売上が順調に売上予測よりも伸び、利益も入ってくれば特に問題はありません。ところが、売上が予測したほど伸びなかった場合、お金の流れが少なくなり、資金不足につながる危険性が高まります。正しく売上分析をしておかなければ、会社が危機に陥る可能性も高まるので注意しましょう。

    予算管理に問題が生じる

    商品・サービスを売るには告知が重要ですが、売上に対する割合が大きすぎると利益が残らず、少なすぎると充分なプロモーション活動ができなくなります。売上予測ができていなければ、どれくらいの費用を広告作成に充てるかなどの予算管理も組み立てることができません。

    人員配置に問題が生じる

    適切な人員配置と正確な売上予測にも相関関係があります。例えば、現状を上回る売上を出すためには、スタッフの増員についても検討することになります。売上予測をしないままでは人件費も予測できず、適切な人員配置を計画できません。

    売上予測の方法

    売上を正しく予測するには、正確なデータが必要になります。データを客観的に分析することで、正しい数値を導き出すことができます。くれぐれも期待を込めて数値を都合が良い方向に見積もらないようにしましょう。下記では、売上予測の方法についてご紹介します。

    必要なデータを揃える

    正確な売上データを導き出すには、様々なデータから分析する必要があります。
    主に下記の8つのデータを揃えておけば、正しい売上を予測することができます。すべて抜かりなく準備しておくようにしましょう。

    ・潜在顧客が自社のサービスに興味を持つまでの期間
    ・リードタイム
    ・コンバージョン率
    ・契約期間
    ・更新率
    ・解約率
    ・月別の売上
    ・商品別の売上

    これらを元に必要な情報を分析していきます。また過去のデータから分析するだけでなく、市場の動きや季節、イベントなど外的要因によって変化しやすいものまで考慮して考えなければなりません。その際、主観が入った分析を行わないよう、できる限り正確なデータを用いて分析しましょう。また、売上分析を行うにあたっては需要の予測も行いましょう。需要を予測することは、今後のキャッシュフローの予測にもつながります。

    売上履歴から算出する

    売上履歴から売上予測を立てるには、簡単な計算で算出することができます。その計算式は、「売上予測=一年間の売上利益×年間平均成長率」です。

    例えば、去年一年間の売上利益が1,200,000円で、年間平均成長率が20%だとします。これを先ほどの式に当てて考えると、「1,200,000円×0.2=240,000円」となります。

    売上予測に関する悩み

    売上予測を立てるには、悩みがつきものです。ここでは売上予測に関する悩みについてご紹介します。

    営業活動が忙しい

    中小企業の多くは、営業マネージャーが売上予測を立てているのが一般的です。しかし営業部の管理職として組織をまとめるだけでなく、実際に自分自身も営業活動をしている営業マネージャーの場合は、綿密な売上予測の立案まで手が回らないというのが本音ではないでしょうか。

    感覚的な予想に頼ってしまう

    売上予測の計算方法を知っていても算出された売上予測を信じきれず、期待値を込めた感覚的な予想に頼ってしまうことがあります。これでは精度の高い売上予測とはいえず、結果的に誤った経営判断にもつながりかねません。

    売上予測を作るためのツール

    精度の高い売上予測のためには、ツールの活用をおすすめします。

    SFA

    SFAは「Sales Force Automation」の略で、業務の一部を自動化して営業活動を支援してくれるツールのことです。代表的な特徴を3つご紹介します。

    情報共有がしやすい

    営業スタッフ一人ひとりの営業活動の内容を一元化できます。日報や担当顧客へのアプローチなどを共有できるだけでなく、チームの営業活動の現状をタイムリーに把握できるのも特徴です。

    視覚的にデータ管理できる

    売上予測のグラフや表は自動で生成されるので、視覚的にデータを管理できます。これらのデータは営業会議や経営層への報告に役立てることもできます。

    売上予測の作成が簡単にできる

    事業別、ブランド別、商品別、営業スタッフ別など、さまざまな条件ごとに売上予測を抽出できます。手動で計算しなくてもいいので、ミスがなく簡単なのが特徴です。

    Excel

    売上予測は、表計算ソフトのエクセルでも作成できます。エクセルであれば多くの企業が既に使用しており導入コストが不要なので、今すぐにでも取り組めます。組織的にクラウド版のExcelを使用している場合、シートの共有もできます。しかし膨大なデータを入力するとデータが重くなり、エクセルの扱いに慣れていない場合には数式を崩してしまうことがあるなどのデメリットもあります。試験的に売上予測に取り組む場合はエクセルでも問題ありませんが、限界があることを知っておきましょう。

    エクセルについての関連記事はこちら

    関連記事Excel(エクセル)で誰でも簡単に!顧客別で売上管理をする手順とポイント|楽楽販売

    関連記事Excel業務を効率化するには?具体的なテクニックやExcel業務の課題を解説!|楽楽販売

    まとめ

    売上予測は、今後の会社の動向を探る重要な予測です。売上予測をしっかりと予測しておけば、資金繰りや商品生産にそれほど大きな問題をもたらすことはありません。重要なことは、客観的にデータを見つめて予測することです。期待を込めてついつい良い数字を導き出したくなりますが、万が一予測から大きく外れた場合には損害が大きくなってしまいます。客観的に分析し、今後の動向を探ってみてはいかがでしょうか。

    関連記事正しい売上目標とは?設定から分析の方法まで徹底解説|楽楽販売

    関連記事SFAの機能やおもな働き11点について具体的に解説!|楽楽販売

    関連記事SFA(営業支援システム)比較10選 特徴や機能を解説|楽楽販売

    関連記事SFA導入目的とは営業業務効率化のメリットも解説!|楽楽販売

    関連記事SFA導入の失敗の原因と失敗しないためのポイントを解説!|楽楽販売

    楽楽販売

    株式会社ラクスのロゴ

    おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス47,366社、レンタルサーバーサービス22,826社、
    合計70,192社のご契約を頂いております。(2020年9月末現在)「楽楽販売」はラクスの登録商標です。