クラウド型販売管理ツール

コラム

2020/03/06
出荷管理を効率化するには?問題点と効率化のための8つのポイント受注から顧客に商品を引き渡すまでの過程のひとつである出荷業務は、複数の部署にまたがって行われることが多いです。そのため、販売において効率化が難しいものと考えられています。そこで、今回は出荷管理の問題点と効率化のためのポイントをご紹介します。
2020/03/04
出荷指示を行う際のポイントとは|納品書が出荷指示のケースもご紹介顧客から注文を受ける際に最初のステップとなるのが、出荷指示です。出荷指示が適切でなければ、スムーズに顧客に商品を引き渡すことができません。場合によっては納品ミスや納期遅れの原因にもなります。出荷指示とは何かを今一度確認し、行う際のコツもおさえておくことをおすすめします。今回は出荷指示を行う際のポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。
2020/03/02
出荷管理とは|主な業務内容と6つの問題点について解説商品の発注に対する出荷は、販売における重要なセクションです。一見するとシンプルな業務に思えますが、受注が増えると作業量も増え、複雑化します。だからこそ、適切な管理が求められます。そこで今回は、出荷管理の主な業務内容と問題点についてご紹介します。
2020/03/01
受注書の作り方マニュアル|具体的な受注書の書き方とテンプレートをご紹介企業間の取引において、発注を受けた際に最初に行うのが受注書の作成です。相手の発注に対して承諾の意思を示すための書類ですので、ビジネスにおいてとても重要な意味を持ちます。そこで今回は、具体的な受注書の作り方やすぐに使えるテンプレートをご紹介します。
2020/02/10
受注手段・方法とは?受注手段ごとのメリットとデメリット企業の利益に直結する「受注」ですが、手作業が多く手間のかかる業務のため人手不足・トラブル・人為的なミスなどを引き起こしてしまうことがあります。取引先によって意向が異なるため、複数の受注手段を併用している企業が多いというのもトラブルが起きやすい要因です。今回は、主な受注手段である「電話」「FAX」「メール」「WEB」「EDI」にはそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか、どこに気を付ければいいのかをご説明します。
2020/02/08
受注管理の業務とは|受注の流れを3ステップでご紹介受注管理とはお客様から注文を受け付けたり、注文書の作成及び発行をしたりする受注に関する情報の管理と、一連の手続きのことをいいます。Eコマース事業を展開する企業が増えた近年では、在庫の管理や出荷管理も含めた一連の業務までの管理業務を効率化することを目指す企業も増えています。この記事では、受注管理の基本の流れと業務一覧について、さらに業務のシステム化によるメリットをご紹介していきます。
2020/02/06
販売管理業務の流れとは|経営で重要な業務フローをご説明商品やサービスを提供している企業であれば、業種にかかわらず、代金を回収し売上を確保することがビジネスの根幹となります。自社の製品がどれだけ売れたか、在庫はあるか、代金の回収は終わっているかなどの情報が不明瞭であることは企業にとっては経営状況が見えない危機的な状況です。このことから、販売の情報を管理する販売管理業務は経営で重要な業務フローであると言えます。今回は、重要な業務フローである販売管理についてご紹介します。
2020/02/04
販売管理の効率化とは|業務効率化で得られるメリットもご説明販売管理では資材の仕入れから請求書の発行まで、販売活動全体の流れを管理します。各部門の担当者との連携も必要なので、情報共有の精度が重要です。この記事では、販売管理業務の課題や販売管理システムを導入するメリットやデメリットをご紹介します。
2020/01/04
納品管理とは?業務内容や注意点について詳しく解説します個人間でも重要ですが、企業間で最も大切なのは、お互いの信頼を失わないことです。企業間同士で信頼関係が確立されていないと取引先との契約が取れず、交渉が決裂してしまうケースも考えられます。そこで今回は企業が信頼を得るために最も重要な業務である「納品管理」についてご紹介します。納品管理の基本的なフローや、効率的な方法などをピックアップしますので、参考にしてみてください。
2019/12/04
受注残とは?受注残管理の重要性と在庫管理との関係を解説受注した仕事や商品をその場ですべて引き渡すことができるとは限りません。受注したにも関わらず、一定期間商品を引き渡すことができないケースもあります。これが受注残となります。その時点ではまだ売上にはなっていませんが、将来の売上ですので適切な管理が重要となります。そこで、今回は受注残管理の重要性や在庫管理との関係を解説します。
2019/04/26
受注管理をエクセルで行う3つのメリット・デメリットと便利な関数を解説Excelは受注管理にも利用することができるツールです。しかし「低コストで利用可能」などのメリットがある一方で、「ミスが起きやすい」などのデメリットもあります。この記事では、受注管理をExcelで行うメリット・デメリットと、業務をサポートする関数をご紹介します。
2019/04/25
受注管理の業務範囲とフローは?効率化に有効な管理システム3選受注管理の業務は幅広くあります。受注管理システムを導入すれば、ミスを防ぎつつ、少ない人員で円滑に作業を進めることが可能です。この記事では受注管理の業務範囲と一般的なフロー、システム化のメリット、おすすすめのシステムをご紹介します。

株式会社ラクスのロゴ

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス43,483社、レンタルサーバーサービス22,826社、
合計66,309社のご契約を頂いております。(2020年3月末現在)「楽楽販売」はラクスの登録商標です。