クラウド型販売管理ツール

販売管理システム【楽楽販売】のコラム

楽楽販売を活用した業務の効率化や顧客満足度の向上をお考えの方にとって、
役に立つ情報をお届けします。

新記事一覧

最新202120202019
2021/10/03
歩引きは下請法で規制されている!仕組みや代表的な違反事例を紹介従来の商慣習では「歩引き」や「リベート」と呼ばれる取引方法が一部の業界で常態化していましたが、現在では歩引きは下請法によって規制されています。今回は、歩引き取引が生まれるに至った背景や、歩引きの具体的な違反事例などについて解説します。
2021/10/02
売掛債権とは?未収金との違いや種類、回収方法について解説企業間取引における代金回収は、商品を販売した時点で現金を回収するのではなく、売掛債権を後から回収する方法が一般的です。売掛債権には時効もあるため、一定のサイクルでスムーズに回収するのが理想的です。今回は、売掛債権の概要や未収金との違い、回収方法などについて解説します。
2021/10/01
原価計算の考え方や5つの目的について徹底解説商品の製造にかかった原価を正確に把握する原価計算は、売上の確保や健全な企業経営に必要不可欠です。しかし、原価計算の考え方がいまひとつよくわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、原価計算の考え方や5つの目的についてわかりやすく解説します。
2021/09/03
原価管理における「配賦」とは?配賦基準の種類と計算方法について企業活動の費用を特定の基準に基づいて部署や支店などに振り分ける「配賦」には、さまざまな設定基準があります。配賦の基準の定め方によっては、社内のモチベーション向上になる反面、不満のタネとなることもあります。基礎知識を知って、最適な配賦を行いましょう。
2021/09/02
諸掛の仕分け方を知っていますか?基礎知識と勘定科目をご紹介商品そのものを作るコストとは別に、保険や運送などにもコスト=「諸掛」がかかります。この費用を自社が負担するか、先方が負担するかで、仕訳の方法が異なるので注意が必要です。今回は、諸掛の基礎知識と、勘定科目についてご紹介します。
2021/09/01
失注につながる7つの営業要因と失注を回避する方法とは営業活動において、発注がもらえない、または受注のチャンスを逃すという「失注」は避けたいところです。失注対策を行うには、まず営業活動の中から失注の要因を自覚することが重要です。今回は、失注につながってしまう7つの理由と回避方法についてご紹介します。
2021/08/05
月次決算を早期化して経営戦略に活かそう!課題解決の方法とは毎月の経営状況を把握する月次決算は、経営戦略を堅実に成功へと導く手段のひとつです。年に一度の決算作業の負担が軽くなる一方、月々の会計作業に手間取られるという課題もあります。今回は、月次決算のメリットや課題、課題解決の方法などをご紹介します。
2021/08/04
「按分」の計算とは?ミスや負担を軽減する方法もご紹介「按分(あんぶん)」は、経理作業でよく使われる計算方法です。費用をある基準に比例して割り振る際、按分によって算出します。基準値はケースバイケースで、ミスが発生しやすいので注意が必要です。今回は、按分計算の方法や効率化についてご紹介します。
2021/08/03
「帳合」ってどういう意味?基礎知識や役立つシステムについて知っておこう!「帳合(ちょうあい)」は、帳簿の数字を合わせて正誤を確認することと、卸業のビジネスシーンで使われる「帳合取引」という2つの意味があります。今回は、「帳合」が持つ2つの意味と、帳票取引時のデメリット、システム導入についてなどをご紹介します。
2021/08/02
社判の電子化に乗り遅れない!電子印鑑の作り方と注意点とは社会のデジタル化が進んでも、現物の社判押印を求める会社は根強くありました。しかしコロナ禍によってリモートワークを余儀なくされ、社判の電子化が求められるようになっています。今回は、社判についての基礎知識と電子印鑑の注意点などをご紹介します。
2021/08/01
チームのタスクを見える化!進捗管理の方法をご紹介こんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。働き方改革によって、長時間労働などの慣習が見直されています。またこのような背景から、勤務時間内でより効率的に業務を行うこと、組織の生産性を向上させることに注目が集まっています。しかし、具体的には、どのような方法で業務を改善していけば良いのでしょうか。そこで今回は、タスク管理を行うことで業務の進捗状況を見える化し、組織の生産性をアップする方法をご紹介していきます。あわせて、進捗管理の見える化が重要な理由などについても触れていきます。
2021/07/06
2023年スタート「インボイス制度」をご存知ですか?今からできる必要な準備とは2021年現在、2種類の消費税率が存在しています。そんな中、ビジネス取引や経理処理において透明性・正確性を高めるため、2023年10月1日から「インボイス制度」が適用されるようになります。この記事では、インボイス制度についての基本知識をまとめました。
2021/07/05
多様化する顧客接点を強化するには!?抱えやすい3つの課題と解決法デジタルネイティブ世代が社会人となり、消費行動も変化していく今、顧客接点は多様化しています。これまでと同じ営業手法では競争力を持てない時代になりました。現代において顧客接点を強化するには、どんな課題を理解し、どんな方法をとればいいのでしょうか。
2021/07/04
DXは営業手法のニューノーマル!DX導入に必要なこと・得られること営業部門のDX(デジタルトランスフォーメーション)への対応はかねてから求められていました。新型コロナウイルスの感染拡大への対策を契機に、DX化の流れはより加速化しています。今回は、DX導入にあたって必要なことや、DX化により得られることをご紹介します。
2021/07/03
これからはデジタルセールスが主流に!必要なシナリオやITツールとはインターネットを介した情報収集が社会に浸透したことや、パンデミックにより訪問営業が難しくなったことなどから、デジタルセールスが主流になる傾向があります。今回は、非対面のデジタルセールスに必要なシナリオやITツールについてご紹介します。
2021/07/02
CRM戦略を実践しよう!必要性やメリット、戦略立案の進め方などの基本をご紹介CRM戦略は多くの企業で導入されていていますが、その必要性やメリットについてご存知でしょうか。ニーズが多様化する市場で競争力を持つには、顧客とのコミュニケーションは欠かせないものとされています。今回は、CRM戦略の必要性やメリットといった基礎知識について取り上げます。
2021/07/01
営業戦略立案に使える7つの「フレームワーク」とは!?その特徴をご紹介企業の売上目標の達成には営業戦略が必要です。「フレームワーク」を上手く活用すれば、取り組むべき課題を踏まえ、リソースを最大限に活かした営業戦略を立案できるでしょう。今回は、営業戦略立案の流れと7つのフレームワークの特徴をご紹介します。
2021/06/07
顧客管理は企業経営の要!顧客管理の4つの方法とは顧客情報は企業にとって失うことのできない重要なデータです。時代や市場環境により顧客の動向も変化するため、一度リスト化したからといって終わるものでもありません。顧客管理を経営に最大限活かしていくためには、どんな項目や管理方法があるのでしょうか。
2021/06/06
Excel(エクセル)で予実管理を!メリット・デメリットとは予算と実績を比較して事業課題を把握する「予実管理」は、企業の目標達成に欠かせないマネジメント手法の一つです。今すぐ取り組むにはエクセルでの作成がスムーズですが、問題点もあります。今回は、エクセルでの予実管理のメリット・デメリットをご紹介します。
2021/06/05
クラウドシステムはメリットばかりではない?新たな問題点を知っておこうIT技術の進化に伴い、多くの企業がクラウドシステムを導入してビジネスに有効活用するようになりました。メリットに目が行きがちですが、利用が進むに伴い新たな問題点が顕在化しているようです。今回は、クラウドシステムのメリットと問題点を取り上げました。

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス52,089社、レンタルサーバーサービス22,826社、合計74,915社のご契約を頂いております。(2021年3月末現在)「楽楽販売」はラクスの登録商標です。