クラウド型販売管理ツール

コラム

2020/10/22
仕入れ管理とは?徹底することで得られるメリットとおすすめのシステムについて仕入れ管理は売上につながる1番最初の部分です。そのため、とくに入念な管理とチェックを行うことで、スムーズに製造・販売につなげることができます。今回は仕入れ管理の基本や注意点、おすすめのシステムについてご紹介します。
2020/10/20
販管費とは?販管費削減の方法も解説販売管理費とは賃借対照表で目にする言葉ですが、きちんと意味を理解している方は少ないのではないでしょうか。今回は販売管理費の内容や混同しやすい売上原価との違い、さらに販売管理費用の削減方法についてご紹介します。
2020/06/05
ダブルビン方式とは?メリットと他の方法との使い分けを解説ダブルビン方式とは、定期発注方式や定量発注方式をはじめとした6つの発注方式のうちのひとつです。ツービン法、2棚方式、複棚法など呼称はさまざまですが、基本は「使用分」と「ストック分」の2つに分けて在庫を管理します。今回はダブルビン方式の詳しい内容や適している製品、メリット・デメリットについてご紹介します。
2020/06/04
定量発注方式とは?定期発注方式との使い分けを解説ダブルビン方式とは、定期発注方式や定量発注方式をはじめとした6つの発注方式のうちのひとつです。ツービン法、2棚方式、複棚法など呼称はさまざまですが、基本は「使用分」と「ストック分」の2つに分けて在庫を管理します。今回はダブルビン方式の詳しい内容や適している製品、メリット・デメリットについてご紹介します。
2020/06/03
定期発注方式とは?定量発注方式との使い分けを解説定期発注方式とは、6つの発注方式のうちのひとつです。発注方式の中では定量発注方式と並んでポピュラーであり、多くの企業が取り入れています。商品量を需要に沿って安定させることができるという魅力があるものの、デメリットもあります。そのため一概に定期発注方式のみで量や期間を算出すれば安心、というわけではありません。今回は正しく定期発注方式を活用できるよう、定期発注方式とはなにかやメリット・デメリットなどについてご紹介します。
2020/06/02
6種類の発注方式の特徴と失敗しない在庫管理のコツをご紹介在庫過多や欠品など、不適切な発注・在庫管理は利益落下に直結します。正しく在庫管理を行うには適切な発注を行う必要があるため、自社に合った発注方式を適切に取り入れることをおすすめします。今回は6種類の発注方式の目的や内容、在庫管理を成功させるコツについてご紹介します。
2020/05/02
購買業務を楽にしたい…システム導入で解決できる課題やメリットをご紹介企業としての利益を追求する上で、購買はとても重要です。適切な購買業務によってさらに質を上げて仕入れ価格を下げることによって、企業の利益増につながります。適切に在庫管理を行うことにも関係するため、購買業務は企業運営において欠かせない業務です。しかし企業や組織の規模が拡大するにつれ、業務の負担の大きさや管理の難しさといった多くの問題が生まれます。今回は、購買業務の抱える課題や効率化するためのシステムを導入するメリットをご紹介していきます。
2020/04/10
発注点って?発注点・発注量の決め方と大切な5つのポイントとは在庫管理は売上や利益に直結するため、非常に重要な業務です。そんな在庫管理にもいくつかの方法があり、在庫数があらかじめ定めた発注点を下回った際に発注をかける手法が発注点方式です。多くの企業で採用されている手法ですが、発注点の決め方が悩みの種になりやすいです。今回は、発注点方式や定期発注方式といった在庫管理の手法、また、発注点・発注量の決定方法、発注で大切なポイント5つをご紹介していきます。
2020/04/09
在庫受払って?在庫受払の業務内容と在庫管理のポイントとは在庫管理において特に重要となるのが、受払です。在庫は新たな入庫や出荷によって変動し続けており、販売や製造業において常に適切な在庫量にコントロールすることは欠かせない作業といえます。今回は在庫受払の業務内容と在庫管理のポイントについてご紹介しますので、実務への参考にしてみてください。
2020/04/08
在庫管理のクラウド化で効率化!在庫管理システムを徹底比較!販売業や製造業において商品や原材料などの在庫管理は重要な業務のひとつですが、発注や入出庫などの一括した管理が必要となり、課題点も多いものです。こういった課題点は、在庫管理のクラウド化によって効率化と精度アップに繋げることができます。今回は、在庫管理のクラウド化のメリットや人気の在庫管理システムをご紹介していきます。
2020/04/07
在庫管理って?目的と管理が難しい3つの理由とは販売業などにおいて円滑に業務を進めるためには、適正な在庫を持つ必要があります。在庫量をコントロールするうえで重要となるのが在庫管理です。しかし在庫管理を的確に行うことは簡単ではなく、多くの企業や組織が課題を抱えています。今回は、在庫管理が難しい理由や目的についてご紹介します。
2020/04/06
支払業務の流れって?5つの問題点と業務効率化のためには販売業や製造業では商品や原材料、部品などの仕入を行う必要があります。ここで必ず行うことになるのが、支払業務です。当たり前の業務ですが、企業としての信用にも関わるため確実性と効率性が求められます。今回は支払業務の流れや問題点、そして効率化の方法をご紹介します。
2020/04/05
仕入と在庫の関係って?主な仕入のフローと取引形態を解説さまざまな業界において、商品の仕入は欠かせない業務といっても過言ではありません。加えて、仕入に付随した適切な在庫管理も重要です。これらのフローを適切に行うことで、無駄のない経営が行われるだけでなく業務の改善点の発見にもつながります。今回は仕入と在庫の関係や主な仕入フロー、取引形態についてご紹介します。
2020/04/04
仕入計上って何?3つの計上基準と計上する際の注意点とはビジネスにおいて、仕入や売上の正確な管理は重要な意味を持ちます。そのために必要なのが「計上」です。計上の意味や基準を正確に把握することで、仕入作業などを円滑に行うことができます。今回は仕入基準の基本や計上基準、そして計上する際の注意点についてもご紹介します。
2020/04/03
入荷・検収業務の流れって?必要な書類についてもご紹介販売するための商品や製造に必要な原材料を仕入れる際には、取引先に発注を行います。発注業務を的確に行うことも重要ですが、正確に発注したからといって常に正しい品が納品されるとは限りません。そこで重要となるのが入荷・検収業務です。今回は入荷・検収業務の流れや必要な書類などについてご紹介します。
2020/04/02
発注業務の流れって?発注手段ごとのメリット・デメリットとは製造や販売業務において、仕入は非常に重要な業務のひとつです。常に販売数や在庫数などを把握し、適切な仕入をしていなければ、売上をあげて利益を得ることはできません。そこで重要となるのが仕入管理です。今回は、仕入管理業務の目的や流れについて詳しくご紹介します。
2020/04/01
仕入管理って何?仕入管理業務の流れと目的についてご説明製造や販売業務において、仕入は非常に重要な業務のひとつです。常に販売数や在庫数などを把握し、適切な仕入をしていなければ、売上をあげて利益を得ることはできません。そこで重要となるのが仕入管理です。今回は、仕入管理業務の目的や流れについて詳しくご紹介します。
2020/03/03
出荷・納品管理とは|業務内容と管理システム比較5選販売において、出荷や納品管理は重要な意味を持ちます。その一方で情報共有が難しく、現場が混乱してしまったり受注から出荷・納品までに必要以上に時間がかかってしまったりなど、管理業務にはさまざまな問題があります。そんな問題解決の手段として近年注目されているのが、管理システムの導入です。今回は出荷・納品管理の業務内容やおすすめの管理システムをご紹介します。
2020/01/02
購買管理とは?5つの原則や効率化するポイントを紹介規模を問わず、どの企業でも必ず「購買活動」は発生するものです。購買がきちんと管理されていると、ストの削減や収益のアップが見込めるため、購買管理は重点的に見直しておいて損のない業務です。しかし一方で購買管理のフローや、管理する際のポイントを掴みきれていない企業も多いのではないでしょうか。そこで今回は、適切な購買管理の手順やポイントをご紹介します。
2019/10/10
原価管理とは?基本や原価計算との違いを解説ビジネスで利益を追求していく上で、必要なもののひとつに原価管理が挙げられます。日本経済が低迷しはじめた90年代後半以降、コストのカットと利益確保のための原価管理がより重要視されるようになりました。そこで、今回は原価管理の基本や、混同されがちな用語との違いを解説します。
2019/10/03
発注管理システム10選|おすすめのサービスを選定のポイントとともに解説発注に関する業務は、人的なミスが発生しやすい業務フローのひとつです。発注時点のミスやリソース不足などが課題となっている企業も多いでしょう。そこで重要となるのが発注管理です。そこで今回は、おすすめの発注管理システムをご紹介するとともに、業務の流れや選定のポイントなどについても解説していきます。
2019/09/04
稟議とは?稟議と決済の違いとその仕組みをご紹介企業や組織において、特別な権限がある場合を除いて、独断で判断を下したり、決定を行うことはできません。だからといって、全ての判断や決定のたびに毎回会議を行うのも現実的ではありません。そこで、会議を開く程ではない事柄についての決定や承認の方法として、社内稟議が広く用いられています。この社内稟議もワークフローを導入し、管理を行うことで業務をより効率的に行うことが可能です。ここではその際のポイントをご紹介します。

株式会社ラクスのロゴ

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス43,483社、レンタルサーバーサービス22,826社、
合計66,309社のご契約を頂いております。(2020年3月末現在)「楽楽販売」はラクスの登録商標です。