クラウド型販売管理ツール

コラム

2022.05.05
下請法に適した発注書の書き方とは。基礎知識を解説自社が受けた仕事の一部を外注企業や個人事業主に発注する場合、下請法を遵守する必要があります。仕事が発生する際に、下請事業者に対して発注書を交付することも、発注者側の義務となります。本記事では、正しく発注書を扱うための基礎知識を解説します。自社が受けた仕事の一部を外注企業や個人事業主に発注する場合、下請法を遵守する必要があります。仕事が発生する際に、下請事業者に対して発注書を交付することも、発注者側の義務となります。本記事では、正しく発注書を扱うための基礎知識を解説します。
2022.05.01
支払通知書は請求書と違う?メリットと記載内容について発注者が受注者に対して発行する「支払通知書」を目にしたことはありますか?支払通知書は、スムーズな支払い業務のために多くの企業が採用しています。今回は、支払通知書の役割やメリット、記載すべき内容、請求書や支払証明書など類似書類との違いについて解説します。
2021.11.01
リベートって何のこと?意味や種類、管理の方法とはリベートとは、「売り手から買い手に支払う謝礼金」のこと。手数料や謝礼金、賄賂といった意味を持つ言葉です。具体的には「支払い金額の一部を、支払い者に返金する」「売上を割り戻しする」などのシーンで使われる言葉です。今回は、「リベート」の基礎知識や販売管理の方法について解説します。
2020.06.05
ダブルビン方式とは?メリットと他の方法との使い分けを解説ダブルビン方式とは、定期発注方式や定量発注方式をはじめとした6つの発注方式のうちのひとつです。ツービン法、2棚方式、複棚法など呼称はさまざまですが、基本は「使用分」と「ストック分」の2つに分けて在庫を管理します。今回はダブルビン方式の詳しい内容や適している製品、メリット・デメリットについてご紹介します。
2020.06.04
定量発注方式とは?定期発注方式との使い分けを解説定量発注方式とは、定期発注方式と対極にある発注方法です。発注のタイミングの見極めや需要の変化についての的確な把握が必要になり、製品の中には活用に適していないものもあります。自社のどの製品に定量発注方式を用いるべきかを判断するためには、メリットやデメリットを知り検討する必要があります。今回は、定量発注方式とは何か、またメリット・デメリットについてご紹介しますので、導入の際の参考にしてみてください。
2020.06.03
定期発注方式とは?定量発注方式との使い分けを解説定期発注方式とは、6つの発注方式のうちのひとつです。発注方式の中では定量発注方式と並んでポピュラーであり、多くの企業が取り入れています。商品量を需要に沿って安定させることができるという魅力があるものの、デメリットもあります。そのため一概に定期発注方式のみで量や期間を算出すれば安心、というわけではありません。今回は正しく定期発注方式を活用できるよう、定期発注方式とは何なのか、またメリット・デメリットなどについてご紹介します。
2020.04.10
発注点って?発注点・発注量の決め方と大切な5つのポイントとは在庫管理は売上や利益に直結するため、非常に重要な業務です。そんな在庫管理にもいくつかの方法があり、在庫数があらかじめ定めた発注点を下回った際に発注をかける手法が発注点方式です。多くの企業で採用されている手法ですが、発注点の決め方が悩みの種になりやすいです。今回は、発注点方式や定期発注方式といった在庫管理の手法、また、発注点・発注量の決定方法、発注で大切なポイント5つをご紹介していきます。
2020.04.06
支払管理業務の流れって?5つの問題点と業務効率化のためには販売業や製造業では商品や原材料、部品などの仕入れのために、支払業務が必ず発生します。当たり前の業務だと思われるかもしれませんが、企業としての信用に関わる大事な業務なので、確実性と効率性の両方が求められます。今回は支払業務の流れや、注意点、効率化のポイントをご紹介します。
2020.04.02
発注業務の流れって?発注手段ごとのメリット・デメリットとは製造や販売業務において、仕入は非常に重要な業務のひとつです。常に販売数や在庫数などを把握し、適切な仕入をしていなければ、売上をあげて利益を得ることはできません。そこで重要となるのが仕入管理です。今回は、仕入管理業務の目的や流れについて詳しくご紹介します。
2019.10.03
発注管理システム10選|おすすめのサービスを選定のポイントとともに解説発注に関する業務は、人的なミスが発生しやすい業務フローのひとつです。発注時点のミスやリソース不足などが課題となっている企業も多いでしょう。そこで重要となるのが発注管理です。そこで今回は、おすすめの発注管理システムをご紹介するとともに、業務の流れや選定のポイントなどについても解説していきます。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ84,145社のご契約をいただいています(クラウドサービス61,319社、レンタルサーバーサービス22,826社。2022年3月末現在)。「楽楽販売」はラクスの登録商標です。