クラウド型販売管理ツール

コラム

2022.04.01
損益分岐点の計算方法は?経営改善につながるヒントをご紹介「損益分岐点」は企業の経営状態がわかる指標のひとつです。定期的にこの数値を把握しておくと、原価と利益についての意識が高まります。この記事では、損益分岐点を把握するための計算方法や、損益分岐点の視点から経営改善を図る方法などをご紹介します。
2021.10.01
原価計算の考え方や5つの目的について徹底解説商品の製造にかかった原価を正確に把握する原価計算は、売上の確保や健全な企業経営に必要不可欠です。しかし、原価計算の考え方がいまひとつよくわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、原価計算の考え方や5つの目的についてわかりやすく解説します。
2021.09.03
原価管理における「配賦」とは?配賦基準の種類と計算方法について企業活動の費用を特定の基準に基づいて部署や支店などに振り分ける「配賦」には、さまざまな設定基準があります。配賦の基準の定め方によっては、社内のモチベーション向上になる反面、不満のタネとなることもあります。基礎知識を知って、最適な配賦を行いましょう。
2021.08.04
「按分」の意味とは?按分計算の方法と簡単に済ませるポイント「按分(あんぶん)」とは、かかった費用を決まった基準に沿って振り分けることを意味します。振り分ける基準はケースバイケースですが、とてもミスが起こりやすいため慎重に計算しなければなりません。今回は按分計算の方法や、効率化についてご紹介します。
2021.08.01
社内向けの「管理会計」でより強い組織に!会計管理の手法とメリットとはこんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。働き方改革によって、長時間労働などの慣習が見直されています。またこのような背景から、勤務時間内でより効率的に業務を行うこと、組織の生産性を向上させることに注目が集まっています。しかし、具体的には、どのような方法で業務を改善していけば良いのでしょうか。そこで今回は、タスク管理を行うことで業務の進捗状況を見える化し、組織の生産性をアップする方法をご紹介していきます。あわせて、進捗管理の見える化が重要な理由などについても触れていきます。
2020.12.23
損しないための「販売価格売値 」の決め方 | 計算方法と注意点販売価格を決める際、高すぎてしまうと売りにくくなり、低すぎると利益につながりません。適切な販売価格を決定するのは簡単ではありませんが、販売価格の考え方や計算方法を学ぶことでより適切な価格を決めやすくなります。今回は、販売価格の決め方やテクニックなどをご紹介します。
2020.11.12
販売原価(売上原価)とは?計算方法や販管費との違いを解説こんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。販売原価(売上原価)とは、売れた製品を製造する際にかかった費用のことですが、製品販売にかかわる費用である「販管費」との違いを明確に理解するのが難しい場合があります。今回の記事では、売上原価と販管費の違いや売上原価の計算方法について詳しく解説します。
2020.11.11
製造原価とは何か?間違えやすい分類と計算方法こんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。製品を製造する際にかかる「製造原価」は、利益を計算するためにも正確に把握しておきたい費用です。しかし、一口に製造費用といっても分類が多く混乱しやすい言葉です。そこで今回は、製造原価の詳しい分類や計算方法について解説します。
2020.11.10
原価とは?おさえておきたい原価に関する基礎知識「原価」は商品を購入する際にかかる「仕入費用」として広く知られていますが、そのほかにもさまざまな意味をもっています。原価と間違われやすい「売上原価」や損益分岐点を把握する「原価計算」など、原価にかかわる用語・知識は多岐にわたります。そこで今回は、おさえておきたい原価の基礎知識と売上原価との違い、原価計算の詳細についてご紹介します。
2020.10.20
販管費とは?販管費削減の方法も解説販売管理費とは賃借対照表で目にする言葉ですが、きちんと意味を理解している方は少ないのではないでしょうか。今回は販売管理費の内容や混同しやすい売上原価との違い、さらに販売管理費用の削減方法についてご紹介します。
2019.10.10
原価管理とは?基本や原価計算との違いを解説ビジネスで利益を追求していく上で、必要なもののひとつに原価管理が挙げられます。日本経済が低迷しはじめた90年代後半以降、コストのカットと利益確保のための原価管理がより重要視されるようになりました。そこで、今回は原価管理の基本や、混同されがちな用語との違いを解説します。
2019.10.05
工数管理ツールおすすめ7選|効率的に活用して成果を上げよう業務の効率化を行うにあたり、重要なポイントとして工数の管理があげられます。しかし、プロジェクトや案件が多岐にわたり複雑になると、工数も増え、エクセル等での管理に限界を感じられることもあると思います。そこで、工数管理ツールが注目されています。今回は選定ポイントと共に工数管理に適したツールの中からおすすめをご紹介していきます。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ84,145社のご契約をいただいています(クラウドサービス61,319社、レンタルサーバーサービス22,826社。2022年3月末現在)。「楽楽販売」はラクスの登録商標です。