クラウド型販売管理ツール

コラム

2022.08.03
中小企業におすすめしたいERP5選 。選定のチェックポイントも解説ヒト・モノ・カネという経営に欠かせない要素を的確に管理するための基幹業務システム「ERP」は、中小企業にもおすすめです。今回は、導入メリットや選定のチェックポイント、中小企業向けにおすすめしたいERP5選をご紹介します。
2022.07.04
ポイントは情報の一元化!紙書類・Excel管理に疲れたら、まず試してほしいこと5つのこと紙書類やExcelで見積書や請求書、稟議書、会議資料などを管理していると、さまざまな場面で「手間」や「ムダ」を感じることは多いのではないでしょうか。本記事では、紙書類・Excel管理あるあるをもとに、業務の手間やムダを解消するためにぜひ試してみてほしいことを5つご紹介します。業務の効率化に向けて、ぜひ参考にしてみてください。
2022.07.03
営業事務を効率化するメリットや具体的な方法を徹底解説営業事務にはマルチタスクがつきものですが、日頃の事務処理をスムーズにするためにどのような方法が考えられるのでしょうか。営業事務を効率化できれば担当者の負担を軽減できたり、売上アップが期待できたりするため、具体的な方法を知りたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、営業事務を効率化するメリットや具体的な方法について解説します。これから営業事務の効率化に取り組みたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。
2022.07.02
電子インボイスとは?インボイス制定施行の背景や変更点などについても解説2023年10月から、インボイス制度が施行されます。このインボイス制度の中で推奨されているのが電子インボイスへの対応です。事業者は制度の施行に先駆けて準備を進めていく必要がありますが、具体的にどのような内容なのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。電子インボイスを利用すると、事務処理の手間が削減される、改ざんを防止しやすくなるなど多くのメリットがあります。本記事では、電子インボイス利用のメリットやデメリット、インボイス制度の概要などについても詳しく解説します。
2022.07.01
営業事務のあるある5選!解決方法まで詳しく紹介営業事務として働く上で「素早い対応を求められる」「マルチタスクをこなすのが大変」「作業に二度手間が起こりやすい」などの悩みを抱える方は多いです。このような課題を解決するにはどうしたら良いのか、日々頭を抱える担当者様も多いのではないでしょうか。本記事では、営業事務の「あるある」5選と、具体的な解決方法について解説します。営業事務のあるある課題を解決したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
2022.06.08
非効率なバックオフィス・管理業務を改善したい!効率化に成功した企業3社の共通点とは?バックオフィスとは経理や総務、会計、庶務、その他一般事務など、製品・サービスの販売や顧客対応を行う部門の後方支援を担当する部門のことを指します。これらのバックオフィス・管理業務では、Excelや長年にわたり使い続けている旧システム、場合によっては大量の紙書類による非効率な業務体制に課題を感じている企業がとても多いです。今回の記事ではこのような非効率なバックオフィス・管理業務の効率化に成功した企業3社を例に挙げ、その共通点を解説します。ぜひ自社の実状と照らし合わせて今後の参考にしてみてください。
2022.06.02
バックオフィス業務の抱える課題とそれを解消する方法3選バックオフィス業務は「マニュアルが整備されていない」「繁忙期と閑散期の差が激しい」「作業環境がアナログ」などの課題を抱えている企業が多くあります。バックオフィス業務の効率化は、企業の業績を最大化させるために重要な役割を担っており、得られる恩恵もとても大きいです。本記事では、バックオフィス業務を効率化する3つの方法をご紹介します。
2022.06.01
企業のペーパーレス化とは?今さら聞けない基礎知識や対策を解説生産性向上やリモートワークへの対応、環境保全といった観点から、社会全体で「ペーパーレス化」が進められています。一方で、慣例的な紙書類の扱いから脱却できず、ペーパーレス化が進んでいないという企業も多くあるでしょう。今回は、ペーパーレス化についての基礎知識や対策について解説します。
2022.05.04
DX推進の課題とは?DXを導入できない/効果が得られない原因と解決へのヒントDXへの取り組みを進める日本企業は増えています。しかし、単なるIT化に留まり、導入効果を得られていない企業も多くあります。今回は、なぜそのような状況に陥っているのか、DX推進にまつわる課題について、原因と解決策を探ってみました。ぜひ、参考にしてみてください。
2022.02.02
DX推進ガイドラインの概要や押さえておきたいポイントを解説DXをどのように推進していけば良いのか迷ったときは経済産業省による「DX推進ガイドライン」を指針にする方法が効果的です。今回はDX推進ガイドラインの概要や押さえておきたいポイントのほか、DXを導入するかどうかお悩みの方のために企業におけるDXの重要性についても触れていきます。
2022.02.01
DX戦略とは?メリットや成功のポイントを徹底解説市場のニーズが多様化するとともに技術革新のスピードが高速化している現代において、社内でDXを推進していくことはとても重要です。今回はDX戦略の基本的な考え方から、DX戦略を成功させるために押さえておきたいステップについて解説します。
2022.01.03
電子帳簿保存法改正で請求書保存が変わる。PDFの請求書はどうすればいい?帳簿書類のデジタル化を推進する電子帳簿保存法が2022年1月に改正されました。これにより、メール等で交わしていたPDFの請求書の保存方法も変えていく必要があります。法改正のポイントと、今後どのように保存すれば良いのかを解説します。
2022.01.02
タイムスタンプを知っていますか?必要なシーンと取得方法についてコロナ禍によりリモートワークが増え、会計書類や契約書をオンラインで交わす機会が増えました。そこで電子書類の信頼性について証明できるのが「タイムスタンプ」です。2022年1月から改正された電子帳簿保存法でのタイムスタンプの緩和も加えて紹介します。
2022.01.01
電子帳簿保存法改正って何?経理処理において変わることをアップデートしよう会計関係の書類のデータ保存を可能にする「電子帳簿保存法」に、新たに緩和条件が加わり2022年1月から施行されました。事務作業の変更は手間がかかってしまうかもしれません。しかしペーパーレス化や経理の作業負荷・コストの軽減などのメリットがあるのでぜひ知っておきましょう。
2021.12.04
DX投資促進税制を知っていますか?税控除を活用して一早いDX推進を近年、日本企業のDXが急務とされる中、政府もDX推進のための施策実施に踏み切っています。その一つが2021年度に改正した「DX投資促進税制」です。これにより企業はDX実現のためのデジタル関連投資について優遇措置を受けられます。今回はこれらの内容について具体的にご紹介します。
2021.12.03
知っておきたいDX認定制度の仕組みと背景、取得メリットとは2020年11月開始の「DX認定制度」をご存じでしょうか。経営戦略においてDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みを自主的に行う企業に、政府が「優良企業」として認定する制度です。今回は、基礎知識や取得メリットについてご紹介します。
2021.12.02
2025年が分岐点!DX推進ガイドラインを理解して課題を乗り越えよう「2025年の崖」という言葉を聞いたことはありませんか?これは、日本企業がデジタル化に出遅れた場合に避けられない危機と捉えることができます。今回は、経済産業省が公表した「DX推進ガイドライン」に沿って、直面する課題とDX推進について解説します。
2021.12.01
DXとはただのIT化ではない!日本でDXが急がれる理由とは近年、日本企業は「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が急務とされています。自社に必要という認識はありながら、「DXとは何?」の問いかけに困る方もいらっしゃるでしょう。今回は、DXの基礎知識と取り組むにあたっての注意点を解説します。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ84,145社のご契約をいただいています(クラウドサービス61,319社、レンタルサーバーサービス22,826社。2022年3月末現在)。「楽楽販売」はラクスの登録商標です。