クラウド型販売管理ツール

【基礎知識】バリューチェーンとは?
用語解説や分析のプロセスについて

【基礎知識】バリューチェーンとは?用語解説や分析のプロセスについて

こんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。

バリューチェーンとは、自社の事業活動の各段階を分析し、効率的な課題解決や競争力強化に活かすためのフレームワークです。「価値連鎖」と直訳できるように、事業活動をひとつの流れとして捉えます。今回は、バリューチェーンの基礎知識について解説します。

目次

    「バリューチェーン」とは

    バリューチェーンとは「Value=価値」「Chain=連鎖」と直訳します。ビジネスにおけるバリューチェーンの意味は、商品やサービスが顧客に渡るまでの一連のプロセスを「価値のつながり」と捉える考え方です。
    このバリューチェーンという概念は、アメリカの経済学者マイケル・E・ポーター氏が提唱しました。ポーター氏は、バリューチェーンの内容を「主活動」と「支援活動」に分けて自身の著書に記しています。

    主活動

    まず、バリューチェーンには主活動(主要活動)とポジションづけられる活動があります。いわゆるものづくりの基本工程である「購買物流>製造>出荷・物流>マーケティング・販売>サービス」という5つのセクションに分けられます。

    支援活動

    一方、「支援活動(副次的活動)」という要素もあります。これは前述の主活動を直接担うわけではなく、支援する立場を指し、全般管理(インフラストラクチャー)・人事/労務管理・技術開発/調達などが挙げられます。

    支援とはいえ、価値創造という目的は同じです。例えば、優秀で意欲の高い人材の採用・育成の成果によって事業の成長が左右されるなど、支援活動といえども重要なセクションといえます。

    サプライチェーンとの違い

    よく似た言葉に「サプライチェーンマネジメント」があります。バリューチェーン同様、商品サービスを生み出し消費者に届けるという「事業の流れ全体」を基本概念とします。

    両者の明確な違いとしてサプライチェーンの場合は「供給」に、バリューチェーンは「価値」に着眼点をおいていることです。見るポイントが異なるだけで、企業戦略としてはどちらも重視する必要がある項目です。

    価値や課題を洗い出す「バリューチェーン分析」

    このバリューチェーンをフレームワーク化して分析し、経営戦略の立案に活用することを「バリューチェーン分析」といいます。事業活動全体のどこに課題があり、どこにコストをかけて、どこで価値を生み出すかを俯瞰かつ詳細に分析します。

    バリューチェーン分析のプロセス

    バリューチェーンの分析方法は、基本的に下記の4つのプロセスを辿ります。

    1:現状把握

    まずは自社におけるバリューチェーンを、客観的に把握するための構成要素を洗い出します。
    バリューチェーンを構成する要素は、業界や業種、事業内容により異なります。前述した主活動と支援活動の一般例を参考に、自社の事業活動に沿って各セクションを分類すると良いでしょう。
    さらに、各セクションの活動内容を掘り下げて、現状の役割や優位点、課題を記載していきます。

    2:コスト分析

    次に、バリューチェーンの各セクションにかかるコストを分析します。
    表に一覧化すると視覚的に把握しやすくなるのでおすすめです。ここでは年間のコストや担当部署を記載していきます。

    一覧化したコスト表にはバリューチェーン全体にかかる費用に対する配分比率や「設備費」「人件費」といったコストの基本的要因も記載しておくと、より客観的に捉えることができます。さらに、「こちらのコストが上がるとあちらのコストが下がる」といったように、他のセクションとのコストの相関関係も記しておきましょう。

    3:強み・弱みの把握

    そして、各セクションの強み・弱みを書き出していきます。
    バリューチェーン分析は、経営企画部門などが主幹して行う場合でも、必ず現場の声をヒアリングすることが大切です。思わぬ課題や隠れた強みが見える化する可能性があるためです。それに加えて、競合他社の強み・弱みを比較して当てていきます。これにより今後の戦略立案において、市場での差別化ポイントを把握しやすくなります。

    4:VRIO分析

    バリューチェーンを分析する最後のプロセスに、VRIO分析があります。「VRIO(ブリオ)」とは、「Value/経済価値」「Rareness/希少性」「Imitability/模倣可能性」「Organization/組織」の頭文字からなる名称です。企業の内部的な経営資源の有効性を判断するためのフレームワークです。

    それぞれ「経済価値=その経営資源を保有している/していないで売り上げは増大するか」「希少性=その経営資源は業界において希少性があるか」「模倣可能性=その経営資源を獲得・開発・模倣するにはコストが高いか」「組織=その経営資源を活用するには、組織的な方針・手続きが整っているか」の4つの問いに対してYES/NOで分析し、自社の競争優位性を判断します。

    まとめ

    自社の価値の連鎖=バリューチェーンの分析が正しく実施できれば、自社の経営戦略に活かすことができ、効率的に顧客満足と企業利益を得ることができると考えられます。
    楽楽販売のような販売活動にかかる情報をトータルで管理するシステムを導入していれば、バリューチェーンを担う各セクションの活動がタイムリーに把握でき、実績データの蓄積も可能になります。こうしたツールを活用し、バリューチェーンによる価値創造を目指してみてください。

    記事執筆者情報

    楽楽販売コラム編集部 株式会社ラクス 楽楽販売事業部 オンラインマーケティングチーム

    リスティング広告やFacebook広告の運用、プロダクトサイトのSEOなど、広くWEB施策に携わっています。楽楽販売のコラムでは販売管理・受発注管理・プロジェクト管理などをはじめとする、あらゆる社内業務の効率化・自動化の例をご紹介していきます!
    好きな料理は「スパイスカレー」です。

    楽楽販売

    おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ84,145社のご契約をいただいています(クラウドサービス61,319社、レンタルサーバーサービス22,826社。2022年3月末現在)。「楽楽販売」はラクスの登録商標です。