よりよく、寄り添う 販売管理クラウド
資料請求 無料トライアル

売上管理システムとは?選び方のポイントやおすすめのシステム16選

売上管理システムとは?選び方のポイントやおすすめのシステム16選

こんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。
売上管理とは、企業が売上状況を正確に記録、集計し、管理することで、事業運営の基盤を強化するプロセスを指します。
売上目標の達成率を把握することは、事業戦略の改善や、収益性の向上につながります。現代のビジネスシーンでは、この売上管理をより効率的に行うことが、企業の成長において重要になってきています。
そこで本記事では、売上管理を効率化する「売上管理システム」の選び方を解説します。売上管理の“基本”について知りたい人は、まずはこちらの記事を確認してください。

関連記事はこちら 売上管理とは?売上管理の方法と効率化のすすめ方も紹介

「楽楽販売」について
詳しく知りたい方はこちら!

この記事の目次

    売上管理システムとは?

    売上管理システムは、企業が商品やサービスの販売で得た収益を管理し、PDCAを回しやすくするために設計されたシステムです。「販売管理システム」とも呼ばれます。
    「売上管理システム」と「販売管理システム」とでは、管理する内容や目的が異なります。売上管理システムは主にお金の動き、すなわち収益の管理に焦点を当てたシステムです。これに対して、販売管理システムは物の動き、つまり商品やサービスの販売プロセスを管理することを目的としています。

    関連記事はこちら 販売管理とは|販売管理を行う目的と業務の流れ、システム選びのポイントまで解説!

    売上管理システムの主な機能としては、案件管理、売上予測、受注管理、請求・入金管理などがあります。これらの機能を活用することで、受注から販売、支払いまでの業務の一元管理が可能になります。また、それぞれのステータスや内容データの集計・分析も行えるため業務効率の改善、向上につなげられます。

    売上管理システムの導入で叶うこと

    売上管理システムの導入は、営業・販売活動においてさまざまなメリットがあります。以下では、売上管理システムの導入によって叶う具体的な改善点について詳しく解説します。

    管理の負担軽減

    売上管理システムによって情報を一元化することで、受注・請求・入金・計上などの管理におけるデータ入力作業の多くを、半自動化することができます。その結果、データ入力の作業量の削減が図れるほか、確認作業の省力化も期待できるでしょう。

    情報共有の効率化

    多くのシステムでは、売上データがグラフやダッシュボードといった形式で可視化されており、売上の状況や傾向を一目で理解できるようになっています。データが一元管理されることによって、受注状況や案件のステータスなどの情報をリアルタイムで確認することができます。
    これにより、チーム内・社内での情報の伝達や共有がスムーズに行えるようになり、意思決定の迅速化が期待できるでしょう。

    入力ミスの削減

    手入力によるデータ入力作業は、転記漏れや計算ミスなどによる入力ミスが発生しやすいです。売上管理では、請求先の企業情報や計上データなど重要な情報が多く含まれるため、1つの入力ミスが取引先との信頼関係や正確な請求処理にも影響を与えてしまいます。

    売上管理システムでは請求先の企業情報はマスタで一元管理する、請求・計上金額は自動で計算できるなど手入力作業を最小限に抑える機能が備わっています。これらの機能を活用することで入力ミスの削減に加えて、入力されたデータの確認・修正作業など不要な工数の削減にもつながります。

    データ分析の精度アップ

    データ入力のミスや漏れが減少することで、収集される情報の精度が向上します。多くの売上管理システムでは、正確にデータを集計できる機能を備えており、精度の高いデータを迅速に確認することが可能です。

    たとえば、月ごと・項目ごとに売上を集計することで、商品・サービスの需要の変化などが把握できるようになるでしょう。
    これにより、企業はより戦略的に営業や経営の方針を立てることができ、市場での競争力を強化することが可能になります。

    属人化や不正の防止

    売上管理システムを導入することで、属人化や不正の防止にもつながります。
    売上管理には複数の部署が関わることが多いですが、管理の担当者が変わると、これまでどのような業務を行っていたのかがわからない状態となることが少なくありません。また、管理がブラックボックス化してしまうことで不正が行われるリスクも高まります。
    売上管理システムを導入すれば、データの一元管理によって関係者が常に同じデータを参照することになるため、情報の個別管理が不要になります。また、操作ログが残るシステムもあるため、属人化や不正を防ぐことが可能です。

    売上を管理するうえでは、たとえば1ヶ月でどれだけの売上を達成したいのかなど、目標を設定して、売上目標と実績値を比べて分析することが重要です。以下の記事では、売上目標を適切に設定するための方法を解説しているので、参考にしてみてください。

    関連記事はこちら 正しい売上目標とは?設定から分析の方法まで徹底解説

    売上管理システムの選び方

    売上管理システムは、ビジネスの規模や業務の特性、予算などに応じて選ぶことが重要です。具体的には以下の点に注意しましょう。

    自社に合った導入形態か

    導入形態の種類は大きく分けて3つあります。

    導入形態の種類によって、システム導入までにかかるコストや時間が異なります。そのため、売上管理システムを選ぶ際には、どの導入形態が自社に合っているかを検討することが重要です。

    • オンプレミス型
      オンプレミス型は、自社で保有するサーバーにシステムを構築し運用するタイプです。この形態のメリットは、自社が叶えたい要件に合わせて一からシステムを構築するため、自由にカスタマイズできる点にあります。自社の業務に特化したカスタマイズが可能であるため、業務の効率化や細かな要望に応えやすいです。一方で、初期費用やランニングコストが高くなりやすく、システムのメンテナンスやアップデートのためにも自社の工数や追加費用が発生することがあります。
    • クラウド型
      クラウド型は、インターネットを介して提供されているシステムにアクセスして利用するタイプで、初期費用や運用費用を抑えやすいのがメリットです。また、システムのメンテナンスやアップデートは提供元が行ってくれるため、自社内に担当者を多く抱える必要がありません。インターネット環境があればどこからでもアクセス可能なため、リモートワークを行っている企業にも適しています。
      デメリットとしては、インターネット接続が必要なため、接続環境によっては使いづらくなる可能性があります。また、カスタマイズ性に関してはオンプレミス型に劣る可能性があるという点にも注意が必要です。
    • パッケージ型
      パッケージ型は、あらかじめ機能が組み込まれたシステムをそのまま購入し、インストールして使用するタイプです。メリットとしては、導入が比較的容易で、短期間でシステムを稼働させることができる点が挙げられます。一方でカスタマイズの自由度が低く、自社の特殊な要望に対応できない場合がデメリットとして挙げられます。

    業種や規模に適したタイプか

    売上管理システムは主に「汎用型」と「業界特化型」の2つに分類されます。売上管理システムを選択する際、自社の業種や規模に適したタイプを選ぶことは非常に重要です。業界によって、商慣習が違うため、売上や計上のタイミング、請求、受注管理の方法などが異なります。

    そのため、情報管理や業務フローが特殊な業界においては、業務特化型を利用した方が、業務フローに合ったシステム運用が可能です。一方、業界特有の商慣習が少ないケースでは、汎用型の売上管理システムでも問題は生じにくいと言えます。
    以下では、汎用型と業務特化型の特徴と向いている業種について解説します。

    汎用型 汎用型の売上管理システムは、“さまざまな業種”で売上管理機能をカバーすることを目的として設計されています。これらのシステムは、売上記録、請求管理、受注管理などの基本的な機能を提供し、多くの企業が必要とする一般的な業務フローに対応しています。
    特長 • 幅広い業種で利用可能
    • 柔軟性が高く、一定のカスタマイズが可能
    • 基本的な売上管理機能を網羅
    向いている業種 • 業界特有の特殊機能を必要としない小規模から中規模の企業
    • スタートアップや新規事業を立ち上げる企業
    • 多様な業務を行う企業で、一つのシステムで全てを管理したい企業
    業種特化型 業界特化型の売上管理システムは、特定の業界や業種特有のニーズに応えるために開発されたシステムです。これらは特定の業界で共通して必要とされる機能や、業界特有のオペレーションをサポートするための機能が備わっています。
    特長 • 特定の業界に特化した機能を提供
    • 業界の商習慣や規制に対応した設計
    • 効率化やコスト削減を実現するための高度な機能
    向いている業種 • 食品業界、製造業、卸売業など特定の業界特有の管理が必要な企業
    • 業界特有の商習慣や規制に対応する必要がある企業
    • 業界内での競争力を高めるために特化した機能を求める企業

    関連記事はこちら 中小企業におすすめの販売管理システム15選|特徴や選び方のポイント

    連携性は高いか

    売上管理以外のさまざまなシステムを導入している企業も多いでしょう。たとえば、会計システム、顧客管理システム(CRM)、在庫管理システムなどです。これらのシステムと売上管理システムがスムーズに連携できると、データの一元管理が可能になり、より広範囲での業務効率化が実現します。

    自社に合ったカスタマイズができるか

    カスタマイズ性の高い売上管理システムを選択することで、自社特有の業務フローに合わせたシステム構築が可能となります。これまで行ってきた業務フローに近い運用ができれば、システムが現場に定着しやすいと言えるでしょう。さらに、操作画面やメニューが簡単にカスタマイズできれば、使いながら操作手順の改善と最適化をしていくことも可能です。

    関連記事はこちら カスタマイズは必須!販売管理システムを選ぶ3つのポイントと導入事例

    セキュリティ・サポート体制が整っているか

    売上管理システムは、顧客情報や取引内容など企業の重要な機密情報を取り扱います。そのため、データのセキュリティ対策は非常に重要です。セキュリティ対策が十分でないシステムを選択すると、データ漏洩などのリスクが付きまといます。
    また、システム導入後もトラブルや疑問点が発生する可能性は少なくありません。そのため、迅速かつ的確なサポート体制が整っているかどうかも、システム選定時に重要なポイントです。

    >>「楽楽販売」のサポート体制について見る

    おすすめの売上管理システム16選

    ここでは、さまざまなニーズに応えるおすすめの売上管理システム16選をご紹介します。自社の業務フローや管理ニーズに合う、適したシステムを見つけましょう。

    「楽楽販売」

    楽楽販売」は、クラウド型の売上管理システムで、クラウド型でありながら柔軟なカスタマイズ性が大きな特徴です。

    • ポイント①カスタマイズ性
      自社の業務フローに合わせてカスタマイズが可能です。一般に、システムをカスタマイズする際には、プログラミングの知識が必要となりますが「楽楽販売」なら、プログラミングの知識がなくても表示する項目や入力画面、操作メニューをカスタマイズ可能です。
    • ポイント②サポート体制
      サポート体制も充実しており、トラブル発生時はもちろん、導入から運用開始までのサポートや運用開始後のご相談も受け付けています。システム導入後も安心して利用を続けることができるでしょう。
    • ポイント③計算・計上処理の自動化に強い
      また「楽楽販売」は、日割り計算や重量課金などの複雑な金額計算を自動で行えるため、時間を大幅に節約でき、計算ミスも防げます。また、売上管理・計上の処理を自動化することで、管理作業の負担が減り、人的ミスのリスクも低減することが可能です。さらに、複数の原価を売上データに紐づけて一元管理・集計することが可能になるため、収支管理の正確性が高まり、管理作業の手間やミスも削減できます。
    • 充実したサポート体制
      業界知識の豊富な営業担当が業務の状況をヒアリングし丁寧に提案してくれます。導入後は、サポートスタッフが、電話・メールにてサポートを実施します。

    これらの特徴から、「楽楽販売」は多くの企業に選ばれています。

    >>「楽楽販売」で売上管理を効率化

    SMILE V Air販売

    「SMILE V Air 販売」は、柔軟性と拡張性に富んだ販売管理システムで、売上・売掛から仕入・買掛、在庫管理まで販売・購買業務全般をカバーします。入力作業の効率化をサポートする入力補助機能やRPAとして活用可能な業務予定機能など、業務効率化をサポートする機能が豊富に備わっています。

    「SMILE V Air販売」

    freee販売

    「freee販売」は、クラウド会計ソフト「freee」を運営する企業によって提供される売上管理システムです。このシステムは、特に会計と販売管理の一体化に強みを持ち、見積書や請求書の作成、受発注管理などをシームレスに行えるのが大きな特徴です。また、クラウドベースであるため、場所を選ばずにどこからでもアクセス可能で、リアルタイムでのデータ更新が行えます。

    「freee販売」

    flam

    「flam」は、クラウド上でもスムーズに動作する販売在庫管理システムです。特に、Mac、Windows、タブレット、スマホなどあらゆるデバイスからアクセス可能であり、インターネットがあれば場所を選ばずに使用できる柔軟性が魅力です。利用料金も1日わずか300円と低コストで、初期費用は無料です。

    「flam」

    クラウドERP ZAC

    「クラウドERP ZAC」は、システム業、IT業、広告業、士業、コンサルティング業など、案件や契約、プロジェクト単位で業務が進行する業種に特化したクラウドERPシステムです。900社以上の導入実績を持ち、ベンチャー企業から大手企業まで幅広く利用されています。販売管理のほか、在庫管理、勤怠管理など、必要な機能をモジュール単位で購入・利用できるため、導入コストを抑えられます。

    「クラウドERP ZAC」

    GLOVIA きらら 販売

    「GLOVIA きらら 販売」は、販売、仕入、在庫管理をはじめとする基本的な業務機能から、経営分析支援機能まで、幅広いニーズに対応する充実した機能群を備えています。使いやすい操作性と高いカスタマイズ性を兼ね備え、企業の成長に合わせてシステムを拡張していくことが可能です。

    「GLOVIA きらら 販売」

    クラウドEPR GEN

    「クラウドERP GEN」は、中堅・中小企業向けに最適化されたクラウド型のERPシステムです。このシステムは、販売管理、購買管理、在庫管理、会計、人事・給与など、企業運営に必要な多岐にわたる機能を網羅しています。特に、シンプルな操作性と高度なカスタマイズ性が特徴で、企業の成長に合わせて柔軟にシステムを拡張できるのが大きな利点です。また、クラウドサービスであるため、初期投資を抑えつつ、どこからでもアクセス可能な点も魅力の一つです。

    「クラウドEPR GEN」

    懐刀

    「懐刀」は、食品業界に特化した販売管理システムです。このシステムは、特に食品業界のニーズに合わせて開発されており、賞味期限の管理やロット管理、トレーサビリティなどの機能を備えています。また、キャンペーン価格の設定や特売管理など、食品販売特有のプロモーション活動をサポートする機能も搭載しています。クラウドベースで提供されるため、インターネットがあればどこからでもアクセス可能で、リアルタイムに在庫や売上の状況を把握できます。

    「懐刀」

    商い哲人EX

    「商い哲人EX」は、中小企業向けのクラウド型販売管理システムで、インストール不要でどこからでもリアルタイムに情報共有が可能な点が特徴です。リアルタイムでの情報活用が可能なクラウド型システム、シンプルながら高性能な販売管理機能、そして幅広い業種・業態への対応力を備えています。

    「商い哲人EX」

    弥生販売 24 +クラウド

    「弥生販売 24 +クラウド」は、中小企業および個人事業主向けに開発された販売管理システムです。このシステムは、販売、仕入、在庫管理機能を中心に、会計データとのスムーズな連携を可能にするクラウドベースのサービスです。ユーザーフレンドリーなインターフェースで、初心者でも簡単に操作できるように設計されています。また、リモートアクセスが可能で、どこからでもビジネスの販売管理を行える柔軟性を持っています。

    「弥生販売 24 +クラウド」

    アラジンオフィス

    「アラジンオフィス」は、多様な業種に対応するクラウド型の販売管理システムです。このシステムは、中堅・中小企業向けに設計され、特に複数の営業拠点や配送センター、生産工場などを持つ企業に最適なソリューションを提供します。リアルタイムでの情報共有が可能であり、どこからでもアクセス可能なクラウドサービスにより、業務の効率化とスピードアップを実現します。

    「アラジンオフィス」

    Skit FLEXi

    「SKit FLEXi」は、NTTデータセキスイシステムズが提供するクラウド型の統合基幹業務システムです。販売、仕入、在庫管理、会計、情報分析の全てを一つのシステムで管理できるのが特長で、特に中堅の卸売業や製造業においてその実績が豊富です。積水化学グループでの長年の実績とノウハウを基に開発されたこのシステムは、企業の業務効率化、コスト削減、さらには経営の透明性向上に貢献します。

    「SKit FLEXi」

    GrowOne 販売情報システム

    「GrowOne 販売情報システム」は、ニッセイコムが提供する、特に電気機械、建材、紙製品、食品などの卸売業や加工業、運送業、商社など幅広い業界に対応した販売管理システムです。このシステムは、豊富な業種特化機能と柔軟なカスタマイズ性を特徴としており、企業の独自の商習慣や業務プロセスに合わせて最適化することが可能です。クラウドサービスとしての利便性と、オンプレミスシステムに匹敵するカスタマイズ性を兼ね備えている点が大きな強みです。

    「GrowOne 販売情報システム」

    WorkVision販売管理

    「WorkVision販売管理」は、製造業・卸売業に特化した販売管理システムです。このシステムは、40年以上の構築歴を持つ会社が開発したもので、ユーザーインターフェース、業務ロジック、データベースアクセスの3つのレイヤーで構成されています。それぞれのレイヤーは部品化されており、業種や部門で異なる業務プロセスにも部品の構成変更のみで対応可能です。このような構造により、高度なカスタマイズ性と柔軟性を実現しています。

    「WorkVision販売管理」

    Plaza-i

    「Plaza-i」は、中堅・中小企業向けの総合ERPシステムです。このシステムは、日本の企業特有の業務プロセスや管理ニーズに対応するために開発されました。その最大の特徴は、ワンソース・ワンパッケージによる多業種対応力です。開発元であるビジネス・アソシエイツは、経営とITに精通した公認会計士が設立した会社で、20年以上の実績を持ちます。

    「Plaza-i」

    SmileWorks

    「SmileWorks」は、中小企業向けに最適化されたクラウド型の販売管理(ERP)システムです。このシステムは、財務会計、販売管理、給与計算などの基幹業務をスムーズに連携させ、業務の自動化と効率化を支援します。特に販売管理機能では、見積もりから請求書作成までの一連の業務プロセスをカバーし、EDI(電子データ交換)機能により取引先との情報共有を効率化します。クラウドベースであるため、どこからでもアクセスが可能で、最新のデータに基づいた迅速な意思決定を支援します。

    「SmileWorks」

    売上管理システムを導入する上での注意点

    売上管理システムには、業務の効率化、情報の正確性の向上、戦略的な意思決定の支援といった多くの導入メリットがあります。これらのメリットは長期的な観点で見れば、コスト削減に寄与する可能性が高いです。
    しかし、導入自体には初期費用やランニングコスト、システムメンテナンス、そして社員の教育など、多くの投資が必要となります。どのような目的で売上管理システムを導入するのか明確にしたうえで、目的が達成できるシステムを選定・導入することが大切です。
    システムの導入を検討する際には、ただコストを考慮するだけでなく、そのシステムが企業の特定のニーズにどの程度応えられるかも評価する必要があります。自社にとって必要不可欠な機能が備わっているかどうか、またそのシステムが将来的なビジネスの拡大や変化に柔軟に対応できるかどうかも考慮することが重要です。

    自社に合った売上管理システムを選択しよう

    売上管理システムは、企業の売上データの管理、分析、報告を自動化し、業務効率の向上や正確な利益管理・分析を可能にするツールです。
    選定にあたっては、自社の業務プロセスやニーズに合った機能、コストパフォーマンス、カスタマイズの柔軟性、導入形態などを考慮しましょう。また、業界特有の商習慣や管理が必要なデータの特性に対応できるかも選択のポイントとなります。
    自社にとって適した売上管理システムを選択することで、売上管理業務の効率化はもちろん、企業の成長と競争力の向上も期待できるでしょう。

    売上管理システムのQ&A

    売上管理システムを導入することは、多くの企業にとって重要なステップです。しかし、導入前にはさまざまな疑問や懸念が生じることが一般的です。ここでは、導入に関する一般的な質問とその回答をまとめてみました。

    Q1.売上管理システムの導入にはどのような費用がかかる?

    Q1.売上管理システムの導入にはどのような費用がかかる?

    売上管理システムの導入費用は、システムの種類や規模、必要とされる機能、カスタマイズの有無などによって大きく異なります。一般的には、初期費用、月額費用、追加費用の3つの主要な費用区分があります。

    • 初期費用: システムの導入や設定、データ移行などにかかる費用で、クラウド型やパッケージ型と比較して、オンプレミス型では初期費用が高くなる傾向があります。
    • 月額費用: システムの利用、保守、サポートにかかる定期的な費用です。
    • 追加費用: 機能の追加やカスタマイズ、ユーザー数の増加など、特定の要望に応えるために発生する費用です。

    Q2. 売上管理システムの導入にはどのくらいの期間がかかる?

    Q2. 売上管理システムの導入にはどのくらいの期間がかかる?

    売上管理システムの導入期間は、導入形態やシステムの複雑さ、企業の準備状況によって変わります。一般的に、クラウド型システムは設定やデータ移行が比較的簡単であるため、導入にかかる時間は短めです。一方、オンプレミス型や大規模なカスタマイズが必要なシステムでは、準備から導入完了まで数ヶ月から1年程度かかることもあります。

    Q3. 中小企業も売上管理システムを導入すべき?

    Q3. 中小企業も売上管理システムを導入すべき?

    中小企業にとっても、売上管理システムの導入は非常に有益です。売上の計上処理や集計作業が効率化するのはもちろん、売上予測を立てる、過去の売上トレンドを分析する、などの管理データを様々な分析に活用することも可能です。販売に関するあらゆるデータを一元化、可視化できるため経営における意思決定に活用することもできます。
    中小企業に最適なシステムの選択方法や特徴については以下の記事を参照してください。この記事では、中小企業が直面する一般的な課題を解決するのに適したシステムを紹介しています。

    関連記事はこちら 中小企業におすすめの販売管理システム15選|特徴や選び方のポイント

    >>「楽楽販売」で売上管理を効率化!

    記事執筆者紹介

    • 株式会社ラクス「楽楽販売」コラム編集部
    • 「楽楽販売」のコラムでは販売管理・受発注管理・プロジェクト管理などをはじめとする、あらゆる社内業務の効率化・自動化の例をご紹介していきます!
    「楽楽販売」って結局何ができるの?
    「楽楽販売」なら
    業務のお悩みすべて解決!

    カンタン1分で完了!

    関連サービスのご紹介

    「楽楽販売」の姉妹製品・関連サービスのご紹介です。
    バックオフィス業務のあらゆるお悩みを解決できるシステム・サービスをご用意しています。

    「おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ67,000社以上のご契約をいただいています(※2023年3月末時点)。「楽楽販売」は、株式会社ラクスの登録商標です。

    本WEBサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWEBブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

    「楽楽販売(働くDB) クラウドサービス」は「IT導入補助金2024」の対象ツール(インボイス枠(インボイス対応類型)および通常枠)です。
    補助金を受けるためには、導入契約を締結する前にIT導入補助金事務局(事務局URL:https://it-shien.smrj.go.jp/)に対して交付申請を行う必要がありますので、その点に留意してください。
    なお、補助金の交付を受けるには所定の要件を満たす必要があります。