よりよく、寄り添う 販売管理クラウド
資料請求 無料トライアル

中小企業におすすめの販売管理システム15選|特徴や選び方のポイント

中小企業におすすめの販売管理システム15選|特徴や選び方のポイント

こんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。
販売管理システムとは、商品やサービスの受注・生産から販売・支払までの活動をサポートするシステムです。主に、販売管理機能、在庫管理機能、購買管理機能などが搭載されています。販売管理システムを導入すると、社内申請の自動化やリアルタイムでのステータス管理が可能となり、業務効率化や現状の可視化を実現できるのがメリットです。こちらの記事では、中小企業の販売管理のご担当者様へ向けて、販売管理システムの基礎知識やおすすめのシステムをご紹介します。

>>販売管理システムとは?主な機能や種類、システム選びのポイント

この記事の目次

    中小企業の販売管理業務で起こりがちな課題

    販売管理では、データ入力から管理まで業務の幅が広く、業務が煩雑になりやすいのが悩みどころです。人手を必要とする作業も多いため、特に中小企業においては従業員に負担がかかりやすいといえます。業務の属人化や人為的ミスの要因となり得るのが難点です。

    また、販売管理には部署をまたいだ業務が多いため、連携が取りづらいのも課題の一つです。情報の共有や更新が遅れてリアルタイムで正確に把握できず、適切な管理が難しい傾向にあります。

    販売管理システムを導入することで期待できる効果

    販売管理システムを導入すると、帳票発行や集計など一連の販売管理業務の中で発生するさまざまな作業の自動化が可能です。自動化によって作業効率が向上するだけでなく、販売データの手入力などの手作業を削減することができるためヒューマンエラーの防止にもつながります。

    また、システム導入により販売管理に関する情報をリアルタイムで一元管理すれば、社内の連携強化が可能です。現場の属人化を解消し、重要な情報の伝達漏れによるリスクを軽減できます。

    このように、システム導入によって業務効率化が実現すれば、従業員の負担軽減や、コストカットも期待できます。加えて不要な紙書類の廃止にもつながるため、テレワーク体制の整備や、ペーパーレス化による印刷・郵送コスト削減が期待できます。

    中小企業向けの販売管理システムを選ぶポイント

    ここでは、中小企業向けの販売管理システムを選ぶポイントを解説します。自社に適したシステムを選ぶには、以下のポイントをチェックしましょう。

    自社の業種や事業規模に適しているか

    販売管理システムは、幅広い企業に適した「汎用タイプ」、特定の業界・業種に適した「業種特化タイプ」、少人数に特化した「小規模タイプ」の3つに大きく分けられます。業界・業種や事業規模によって必要な機能が異なるため、自社に適したタイプを選ぶことが重要です。

    費用対効果(機能)は十分か

    販売管理システムは多機能なほど運用コストが増加しやすいため、費用対効果を見極めることが重要です。不要な機能に対してコストがかかるのは望ましくありません。中小企業の場合、基本機能を搭載したシンプルなシステムや、後に機能を拡張していけるなど柔軟にカスタマイズできるシステムを選びましょう。価格の安さだけで選んでしまうと、結局自社の業務フローに合わず、利用が定着しないというケースも多いため注意が必要です。

    自社に適した導入形態か

    販売管理システムには、大きく分けて、インターネットを介してシステムにアクセスして利用する「クラウド型」、既に完成されたシステムを購入・インストールする「パッケージ型」、自社サーバーに独自のシステムを構築する「オンプレミス型」の3種類があります。中小企業には、初期費用やランニングコストを抑えやすいクラウド型、もしくはパッケージ型の販売管理システムがおすすめです。

    他のシステムとの連携ができるか

    既に導入しているシステムがある場合、また導入予定のシステムがある場合は特に、該当システムとの連携可否を確認しておく必要があります。

    販売管理システムを既存システムと連携できない場合は、業務効率化の効果を十分に得られない可能性があります。一般的に自社独自に構築するオンプレミス型は連携性が高い傾向にあります。クラウド型やパッケージ型の場合は、既存システムと連携できるか必ずベンダー側に確認が必要です。

    サポート体制は整っているか

    方法や初期設定の不安を解消する導入サポートが欠かせません。運用開始後のサポートも、サポートセミナーの有無や問い合わせ対応方法などベンダーによってさまざまなので、事前に確認するとよいでしょう。

    セキュリティ面に問題はないか

    販売管理業務では社内の機密情報を扱うため、システムを選ぶ際はセキュリティ対策を重視することが大切です。アクセス制限や認証などの機能を搭載しているか、自動でバージョンアップできるかなどのポイントを確認しましょう。

    中小企業におすすめの販売管理システム15選

    ① 楽楽販売

    • 導入コスト:月額70,000円~/初期費用150,000円~
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「楽楽販売」は、クラウド型の汎用型販売管理システムです。カスタマイズの自由度が高く、マウスだけの簡単な操作で自社特有の業務フローや商習慣にマッチしたシステムを作れます。請求処理、売上計上などで発生する複雑な金額計算も自動化できるため、販売管理業務の大幅な効率化が期待できます。

    ボタン一つで迅速に帳票を発行でき、ルーチンワークの自動化やリアルタイムでの情報共有も叶います。また、電子帳簿保存法に対応しているため、原本管理コストを削減し、ペーパーレス化を推進します。充実のサポート体制で、導入準備から運用開始後まで安心してご利用いただけるシステムです。

    >>「楽楽販売」について詳しくはこちら

    ② WorkVision®

    • 導入コスト:問い合わせが必要
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「WorkVision®」は、サブスクリプション方式の販売管理システムです。40年超にわたる業務管理システムの構築実績を有し、業務プロセス改善の提案も期待できます。

    >>WorkVision®

    ③ アラジンオフィス

    • 導入コスト:問い合わせが必要
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:パッケージ型

    「アラジンオフィス」は、中堅企業・中小企業向けの販売管理・在庫管理パッケージソフトです。販売管理を効率化する基本機能が揃っています。ニーズに合わせた業種特化の柔軟なカスタマイズも可能です。

    >>アラジンオフィス

    ④ ZAC

    • 導入コスト:初期費用10万円~+導入支援費用
    • タイプ:小規模タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「ZAC」は、案件・プロジェクト型ビジネス向けのクラウドERPです。案件・契約・プロジェクト単位での管理に役立つ機能が豊富に搭載されています。システム・広告・クリエイティブ業界などに適しています。

    >>ZAC

    ⑤ FLAM

    • 導入コスト:月額9,300円(3アカウント)~/初期費用0円
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「FLAM」は、高速クラウド販売管理システムです。クラウドシステムでありながらレスポンスがスムーズで、データ量が多いケースでもスピーディに動作する快適な操作性が特徴となっています。

    >>FLAM

    ⑥ s-flow

    • 導入コスト:月額2,800円(1ユーザー)~/初期費用3,000円~
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「s-flow」は、中小企業向けの販売管理クラウドです。販売管理機能や入出金管理機能のほかに、入力サポートなどの便利な機能が搭載されています。1ユーザーから導入可能です。

    >>s-flow

    ⑦ 商蔵奉行クラウド

    • 導入コスト:月額7,340円(利用者1ライセンス、専門家1ライセンス)~/初期費用0円
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「商蔵奉行クラウド」は、クラウド型の販売管理・仕入・在庫管理システムです。基本的な業務から高度なレベルの複雑な業務まで、網羅的に販売管理業務の標準化とデジタル化を実現します。

    >>商蔵奉行クラウド

    ⑧ freee販売

    • 導入コスト:問い合わせが必要
    • タイプ:小規模タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「freee販売」は、従業員10名以下の企業規模の法人や個人事業主に適した販売管理システムです。ラインナップが多彩な「freee販売シリーズ」のソフトと連携可能となっています。

    >>freee販売

    ⑨ OBIC7販売情報ソリューション

    • 導入コスト:問い合わせが必要
    • タイプ:業種特化タイプ
    • 導入形態:オンプレミス型、クラウド型

    「OBIC7販売情報ソリューション」は、戦略的な事業展開をサポートする統合ソリューションです。販売管理と関連業務を一元化できます。関連する外部システムとのデータ連携にも柔軟に対応可能です。

    >>OBIC7

    ⑩ SMILE V 2nd Edition 販売

    • 導入コスト:問い合わせが必要
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:オンプレミス型、クラウド型

    「SMILE V 2nd Edition 販売」は、DX推進の基盤作りを支援する基幹業務システムです。分析資料が豊富に搭載され、経営戦略に活用できます。入力作業を効率化する支援機能も充実しています。

    >>SMILE V 2nd Edition 販売

    ⑪ GLOVIA きらら 販売

    • 導入コスト:問い合わせが必要
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:パッケージ型、クラウド型

    「GLOVIA きらら 販売」は、スピード経営を実現する統合基幹業務アプリケーションです。取引先や商品のデータを一元管理して分析し、収益拡大へ向けて戦略的な経営判断に役立てられます。

    >>GLOVIA きらら 販売

    ⑫ FutureStage クラウド型ソリューション

    • 導入コスト:年額204万円(3CAL)~
    • タイプ:業種特化タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「FutureStage クラウド型ソリューション」は、カスタマイズ性が高いクラウドサービスです。製品ラインナップの中に、卸売業向け・食品卸向け・医薬品卸向けの販売管理システムが提供されています。

    >>FutureStage クラウド型ソリューション

    ⑬ MJSLINK DX 販売大将

    • 導入コスト:問い合わせが必要
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「MJSLINK DX 販売大将」は、MJSLINKシリーズの中堅・中小企業向けクラウド型ERPシステムです。DX時代に対応するために、AI仕訳でバックオフィス業務の業務改革をサポートします。

    >>MJSLINK DX 販売大将

    ⑭ 楽商

    • 導入コスト:330万円(5クライアント)~
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:パッケージ型、クラウド型

    「楽商」は、販売管理・在庫管理に特化したパッケージシステムです。クラウド型での運用にも対応しています。自社のニーズに合わせて、納期やコストを抑えながら柔軟なカスタマイズが可能です。

    >>楽商

    ⑮ SmileWorks

    • 導入コスト:月額10,000円(5ID)~/初期費用30,000円(5ID)~
    • タイプ:汎用タイプ
    • 導入形態:クラウド型

    「SmileWorks」は、中小企業向けクラウドERPシステムです。中小企業の販売業務を効率化する機能が充実しています。「中小企業共通ERP標準仕様」に準拠したシステムとして認証を受けています。

    >>SmileWorks

    販売管理システムで中小企業の業務課題を解決!

    ここまで中小企業向けの販売管理システムについて解説しました。自社の規模や業種・業態に合わせて、必要な機能を備えたシステムを選定しましょう。どなたでも簡単に操作できて、柔軟にカスタマイズしやすいクラウド型システムをお探しなら、ご紹介した「楽楽販売」がおすすめです。

    導入ハードルの低いクラウド型のシステムでありながら、カスタマイズ性も高いのが魅力で、さまざまな業種・規模の企業様にご導入いただいております。ぜひお気軽に無料資料をご覧ください。

    >>【無料】「楽楽販売」の詳しい対応業務・機能についてはこちらをチェック!

    記事執筆者紹介

    • 株式会社ラクス「楽楽販売」コラム編集部
    • 「楽楽販売」のコラムでは販売管理・受発注管理・プロジェクト管理などをはじめとする、あらゆる社内業務の効率化・自動化の例をご紹介していきます!
    「楽楽販売」って結局何ができるの?
    「楽楽販売」なら
    業務のお悩みすべて解決!

    カンタン1分で完了!

    関連サービスのご紹介

    「楽楽販売」の姉妹製品・関連サービスのご紹介です。
    バックオフィス業務のあらゆるお悩みを解決できるシステム・サービスをご用意しています。

    「楽楽販売」なら
    業務のお悩みすべて解決!

    カンタン1分で完了!

    「おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ67,000社以上のご契約をいただいています(※2023年3月末時点)。「楽楽販売」は、株式会社ラクスの登録商標です。

    本WEBサイト内において、アクセス状況などの統計情報を取得する目的、広告効果測定の目的で、当社もしくは第三者によるクッキーを使用することがあります。なお、お客様が個人情報を入力しない限り、お客様ご自身を識別することはできず、匿名性は維持されます。また、お客様がクッキーの活用を望まれない場合は、ご使用のWEBブラウザでクッキーの受け入れを拒否する設定をすることが可能です。

    「楽楽販売(働くDB) クラウドサービス」は「IT導入補助金2023」の対象ツール(デジタル枠および通常枠)です。
    補助金を受けるためには、導入契約を締結する前にIT導入補助金事務局(事務局URL:https://it-shien.smrj.go.jp/)に対して交付申請を行う必要がありますので、その点に留意してください。なお、補助金の交付を受けるには所定の要件を満たす必要があります。
    ※現在は申請期間外となります。