販売管理のあらゆる業務を効率化  クラウド型販売管理ツール - 楽楽販売

クラウド型販売管理ツール

2019/12/9

営業の悩みを解決する営業ツールとは?
目的別おすすめツール3選

営業の悩みを解決する営業ツールとは?目的別おすすめツール3選

こんにちは!「楽楽販売」コラム担当です。
時代と共にビジネスの手法も変化し続けています。企業や組織の売上、利益に直結するセクションである営業においては手法の変化も顕著で、戸惑っているという方も多いようです。
現代の営業では各種情報の管理はもちろんのこと、組織内での共有やリスク管理まで求められるようになりました。その分、業務は増えていますので効率化が欠かせません。
そんな現代の営業の悩みを解決してくれるのが営業ツールです。さまざまな形で業務を効率化し、支援してくれるため欠かせない存在となりつつあります。
そこで、今回は営業の悩みやコツを整理しつつ、おすすめのツールをご紹介します。

営業の悩み〜個人編〜

営業担当者は常に多くの悩みを抱えているものです。ですが、その悩みは人によって異なり、当然解決策もさまざまです。
そこで、まずは担当者レベルでの悩みをピックアップし、整理してみましょう。

ノルマに追われ続けている

営業と切っても切れない関係にあるのがノルマです。多くの担当者に決まった期間で達成すべき数値が課せられています。これを達成できなければ、社内の評価や収入にも影響しますので、常に追われ続けることになります。
ノルマという形ではなくても、ビジネスの世界には常に一定の目標値が設定されています。その数字が大きな悩みとなっている方は多いでしょう。

営業活動をしているのに売れない

毎日顧客周りなどの活動を行っているにもかかわらず、結果に結びつかないことが悩みとなっている方も多いようです。
営業は必ずしも仕事をした分だけ結果が出るものではありません。ですが、あまりに商品やサービスが売れないと数字としての成果が出せないのみでなく、モチベーションも低下してしまいます。その結果、さらに売れなくなってしまうという悪循環に陥っているという方も少なくありません。

次に何をすればいいのかわからない

前述した通り、今日の営業担当者には多くの業務が課せられています。ですが、あまりにも仕事が多くなると自分のすべきことを見失ってしまうというケースも少なくありません。
何かひとつの業務を終えても、次に何をすべきなのかが明確でなければ大切な時間をロスしてしまいます。結果として、業務全体を停滞させてしまう原因となるのです。

できる営業マンが実践している3つのコツ

続いては、できる営業マンが実践していることをチェックしてみましょう。できる人とできない人の差はコツやノウハウを持っているか否かにあります。
以下のコツを意識すればより結果を出しやすくなるかもしれません。

事前準備をする

やみくもに顧客にアプローチをしてもなかなか結果には結びつきません。そこで、情報収集や整理といった事前準備が重要となります。
顧客の情報を確認するのみでなく業界全体を見据えた情報をインプットした上で、最善の選択肢を選ぶ必要があります。

根本の問題解決を見据える

営業に限った話ではありませんが、業務上で問題が発生することは珍しくありません。これを解決することも大切な業務のひとつです。
もちろん、効率化のためにその場しのぎの対策が必要なケースもありますが、最終的には根本からの解決が必要となります。
一時的な対策を行うにしても、常に根本の解決を見据えることで業務上の問題やリスクを減らしていくことができます。

話すよりも聞く姿勢を

営業というと、商品やサービスを売り込むためにこちらから話すことばかりを意識してしまうかもしれません。ですが、実は聞く姿勢を持つ方が重要です。しっかりと相手の話を聞くことによって、顧客が何を求めているのかを正確に把握できます。そうすることではじめて、相手の求める情報を提供することができます。

営業の悩み〜組織編

営業の悩みは各担当者のみのものではありません。組織レベルでもさまざまな悩みや問題を抱えているという企業も多いようです。
それでは、組織レベルでの悩みを整理してみましょう。

営業活動以外に費やす時間の大きさ

前述の通り、現代では営業というカテゴリー内に多くの要素が加えられるようになりました。そのため、見積書や請求書等の帳票作成や、報告資料の作成など、顧客へのアプローチといった活動以外に費やさなければならない時間もますます増えています。

結果として担当者ひとり当たりの負担も増え、リソースが不足してしまいます。
リソース不足は組織にとって大きな問題ですし、ひとり当たりの負担の増加も組織全体のモチベーション低下に繋がります。 企業では、早急に解決しなければならない課題といえます。

目的別営業ツール3選

上記の通り、現代では多くの企業が営業についてさまざまな悩みを抱えています。そこでここでは、さまざまな悩みを解決してくれる営業ツールをご紹介します。

リード顧客獲得向けのツール

リード顧客の獲得は営業においてとても重要な要素のひとつです。そこで、役立ってくれるのが名刺を通して顧客情報を管理・共有できる「Eight」です。 名刺をスマホで撮影するだけで顧客情報としてしっかりと管理することができます。また、データのダウンロード管理などにも対応しています。

Eight

業務を効率化するためのツール

さまざまな要素が求められるようになった現代の営業では、業務の効率化は欠かせません。そこで、多くの業務を効率化してくれるツールが楽楽販売です。営業案件が確度別に見える化され、見込み管理がしやすくなるだけでなく、見積書などの帳票発行もワンクリックで行うことができます。さらにリアルタイムでの情報共有にも対応しており、作業の属人化も防止でき、集計も可能なため分析にも活用が可能です。

楽楽販売

顧客管理向けのツール

一度受注できても、その後に繋がらないといった悩みを抱えている方も多いようです。そこで重要になるのが顧客管理です。
顧客管理をサポートしてくれるのがSalesforceCRMです。適切に顧客を管理しながら受注後のフォローにも活用できます。

SalesforceCRM

まとめ

時代と共に営業の形も変化し、業務も複雑化しています。さまざまな悩みを抱えてしまう担当者の方も多いでしょう。もちろん、組織としての悩みも尽きません。
そんな営業の悩みを解決してくれるのが営業ツールです。目的に合わせて選んでください。

楽楽販売

株式会社ラクスのロゴ

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス43,483社、レンタルサーバーサービス22,826社、
合計66,309社のご契約を頂いております。(2020年3月末現在)