CM公開中!楽楽販売って結局何ができるの?
クラウド型販売管理ツール

販売管理システム【楽楽販売】のコラム

楽楽販売を活用した業務の効率化や顧客満足度の向上をお考えの方にとって、
役に立つ情報をお届けします。

最新2022202120202019
2022.12.15
Webデータベースとは?活用例5つと導入メリットをご紹介!Webデータベースとは、Webブラウザを用いて管理・編集などができるデータベースシステムやアプリケーションのことを指します。そもそも「データベース」とは、データを蓄積するための「箱」にあたるものです。Webデータベースでは、インターネットにアクセスできるデバイスがあれば「箱」の中にあるデータの確認や編集ができるため、さまざまな業務の効率化に有効です。この記事ではWebデータベースを使って業務を効率化する方法、導入メリットなどについて解説します。
2022.12.03
発注管理システムとは? 導入メリットや選び方をくわしく解説!発注管理システムとは、発注から納品までの作業を一括して管理できるシステムのことです。発注業務は取引先によって商品や単価が異なるため、人的ミスの発生リスクが高い傾向にあります。しかし、発注管理システムを導入すれば、これまでの作業を自動化し、人的なミスを未然に防ぐことができるでしょう。本記事では、発注管理システムについて、また導入のメリットについて詳しく紹介します。
2022.12.02
発注書に収入印紙は必要? 収入印紙の必要性と金額をわかりやすく解説発注書とは、取引先に対して「発注」を依頼する意思表示をするための書類です。公正取引委員会が定める書面交付義務(第3条)において、親事業者から下請業者へ発注書を交付することを義務付けています。発注書の作成は、必須項目を盛り込んだフォーマットに沿って作れば問題ありませんが、場合によっては収入印紙を貼らなければいけません。収入印紙の有無について、あまり理解していない人も多いのではないでしょうか。本記事では、発注書における収入印紙の必要性と金額についてわかりやすく解説します。
2022.12.01
発注書の書き方と作成時の注意点をわかりやすく解説発注書とは、商品や製品、サービスの提供等を発注する際に発行する書類です。本記事では、発注書の法的な発行義務や、記載内容、印紙の有無について詳しく解説します。
2022.11.30
【必読!】おすすめの受発注システムとは?システム選定時に知っておきたい5つのポイント一般的に受発注システムとは、企業における「受注」と「発注」に関するデータや処理、業務フローを効率化することができるシステムのことを指します。ひと口に受発注システムといっても、その機能や形式、特徴はさまざまなので自社にとってどんなシステムが最適なのか分からないというご担当者様も多いです。今回の記事では受発注システムシステムを選定、導入するときに知っておきたいポイントを5つご紹介します。せっかくのシステム導入が無駄なものになってしまわないように、是非参考にしてみてください。
2022.11.04
リモートワーク導入!コミュニケーションの課題点とその解決策5つ2020年のコロナ禍以降、リモートワークを取り入れる企業も多くなりました。リモートワークだからこそのコミュニケーション不足を感じることもあるのではないでしょうか。従業員の教育や孤独感をどう解消するか悩んでいる企業も多いでしょう。この記事ではリモートワークの課題を解決する策を紹介します。
2022.11.03
リモートワークのデメリットはどう解決?問題点をツールで解決しよう近頃は社員の通勤時間や負担の軽減、感染症予防のためにリモートワークを取り入れる企業も多くなりました。一方でリモートワークによるデメリットを感じることも増えたのではないでしょうか。以前とは違う課題を感じている人も多いと思います。本記事ではリモートワークにおける課題の解決策を紹介します。
2022.11.02
発注業務を効率化するとどんなメリットがある?課題解決の方法とはビジネスにおいてさまざまなシーンで発生する「発注業務」は、非効率な作業に課題を抱えている企業が多いです。作業の工数も多いため、効率化に成功すれば多くのメリットがあり、課題解決にもつながります。今回は、発注業務でよくある課題や効率化のメリット、効率化のカギについて解説します。
2022.11.01
DXとデジタル化の違いとは?理解を深めてDXを追い風にしよう近年よく耳にする「DX」ですが、単なる「デジタル化」とは異なります。このことを理解していないとDXの本来の目的を達成するのは難しいです。今回は、DXとデジタル化の違いやDX推進に取り組む際に気をつけておきたい重要ポイントなどを解説します。
2022.10.03
DXには補助金が使える!?上手に利用していち早くDX導入を進めようそろそろ自社もDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めなければ…と考えていませんか?DXには少なからずコストがかかるので、補助金の活用を検討してみてはいかがでしょうか。DX関連の補助金を受けるメリット・デメリットや、主な制度についてご紹介します。
2022.10.02
先進的なDX推進事例から、あらたな価値創造を見出そう近年、多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)推進によるあらたな価値創造に取り組んでいます。この記事では、特に先進的な取り組みとして高い評価を得ている企業のDX推進事例をご紹介します。変化の激しい時代に成長を続けるヒントとして、ぜひ参考にしてください。
2022.10.01
DX推進のデメリットが気になる!?メリットを知って効果的に取り組もうDX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれていますが、コストや人材面を懸念に思われる企業も多いでしょう。しかし、DXを推進することで多くのメリットにつながります。今回は、DXのメリット・デメリットに注目して解説します。
2022.09.03
工数管理を徹底解説!必要性やできること、効率化ツールなどを紹介工数管理は企業の業務効率化・生産性向上に欠かせない業務です。しかし、工数管理そのものが非効率になっているとその効果も半減するでしょう。工数管理の必要性や適切な工数管理の手順、そして工数管理を最適化するためのツールについてご紹介します。
2022.09.02
DX化に活用できるデジタル技術とは?レガシーシステムからの一早い脱却をパンデミックや物価高など先行き不透明な現代社会の中で、企業が存続し成長を続けるために「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が必要だと言われています。ここでは、企業のDX化に活用できるデジタル技術を通じて、DX化への対応策を見ていきましょう。
2022.09.01
外注費とは?仕訳例や発行書類とインボイス制度への対応について解説業務品質や生産性の向上を目的とした業務委託にかかる費用を「外注費」と呼びます。この記事では、外注費の仕訳例や給与や支払手数料との違い、必要な発行書類、そして2023年10月から施行されるインボイス制度によって変わることなどについて解説します。
2022.08.03
中小企業におすすめしたいERP5選 。選定のチェックポイントも解説ヒト・モノ・カネという経営に欠かせない要素を的確に管理するための基幹業務システム「ERP」は、中小企業にもおすすめです。今回は、導入メリットや選定のチェックポイント、中小企業向けにおすすめしたいERP5選をご紹介します。
2022.08.02
シェアードサービスセンターの導入メリット・デメリットとはグループ各社の人事、経理、財務といったバックオフィス業務をまとめて集約するのが「シェアードサービスセンター」です。今回は、シェアードサービスセンターに注目が集まる理由や、導入するメリット・デメリットを解説していきます。
2022.08.01
リソース管理はプロジェクト成功に欠かせない!メリットと手順を解説企業経営を成功に導くには、リソース活用の最大化が重要なポイントです。ヒト・モノ・カネなどの限られた資源を有効活用するには、リソース管理に取り組む必要があります。今回は、リソース管理の定義や得られるメリット、手順などを確認していきましょう。
2022.07.04
ポイントは情報の一元化!紙書類・Excel管理に疲れたら、まず試してほしいこと5つのこと紙書類やExcelで見積書や請求書、稟議書、会議資料などを管理していると、さまざまな場面で「手間」や「ムダ」を感じることは多いのではないでしょうか。本記事では、紙書類・Excel管理あるあるをもとに、業務の手間やムダを解消するためにぜひ試してみてほしいことを5つご紹介します。業務の効率化に向けて、ぜひ参考にしてみてください。
2022.07.03
営業事務を効率化するメリットや具体的な方法を徹底解説営業事務にはマルチタスクがつきものですが、日頃の事務処理をスムーズにするためにどのような方法が考えられるのでしょうか。営業事務を効率化できれば担当者の負担を軽減できたり、売上アップが期待できたりするため、具体的な方法を知りたいと考えている方も多いでしょう。本記事では、営業事務を効率化するメリットや具体的な方法について解説します。これから営業事務の効率化に取り組みたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。
2022.07.02
電子インボイスとは?インボイス制定施行の背景や変更点などについても解説2023年10月から、インボイス制度が施行されます。このインボイス制度の中で推奨されているのが電子インボイスへの対応です。事業者は制度の施行に先駆けて準備を進めていく必要がありますが、具体的にどのような内容なのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。電子インボイスを利用すると、事務処理の手間が削減される、改ざんを防止しやすくなるなど多くのメリットがあります。本記事では、電子インボイス利用のメリットやデメリット、インボイス制度の概要などについても詳しく解説します。
2022.07.01
営業事務のあるある5選!解決方法まで詳しく紹介営業事務として働く上で「素早い対応を求められる」「マルチタスクをこなすのが大変」「作業に二度手間が起こりやすい」などの悩みを抱える方は多いです。このような課題を解決するにはどうしたら良いのか、日々頭を抱える担当者様も多いのではないでしょうか。本記事では、営業事務の「あるある」5選と、具体的な解決方法について解説します。営業事務のあるある課題を解決したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
2022.06.08
非効率なバックオフィス・管理業務を改善したい!効率化に成功した企業3社の共通点とは?バックオフィスとは経理や総務、会計、庶務、その他一般事務など、製品・サービスの販売や顧客対応を行う部門の後方支援を担当する部門のことを指します。これらのバックオフィス・管理業務では、Excelや長年にわたり使い続けている旧システム、場合によっては大量の紙書類による非効率な業務体制に課題を感じている企業がとても多いです。今回の記事ではこのような非効率なバックオフィス・管理業務の効率化に成功した企業3社を例に挙げ、その共通点を解説します。ぜひ自社の実状と照らし合わせて今後の参考にしてみてください。
2022.06.02
バックオフィス業務の抱える課題とそれを解消する方法3選バックオフィス業務は「マニュアルが整備されていない」「繁忙期と閑散期の差が激しい」「作業環境がアナログ」などの課題を抱えている企業が多くあります。バックオフィス業務の効率化は、企業の業績を最大化させるために重要な役割を担っており、得られる恩恵もとても大きいです。本記事では、バックオフィス業務を効率化する3つの方法をご紹介します。
2022.06.01
企業のペーパーレス化とは?今さら聞けない基礎知識や対策を解説生産性向上やリモートワークへの対応、環境保全といった観点から、社会全体で「ペーパーレス化」が進められています。一方で、慣例的な紙書類の扱いから脱却できず、ペーパーレス化が進んでいないという企業も多くあるでしょう。今回は、ペーパーレス化についての基礎知識や対策について解説します。
2022.06.15
楽楽販売って結局何ができるの?販売管理データを一元化して「二度手間」「人為的ミス」を削減!楽楽販売は、Excelやメールで管理しているあらゆる社内業務をシステム化することができるクラウド型の販売管理システムです。ここでは「結局、楽楽販売って何ができるの?」という疑問にお答えします!
2022.05.05
下請法に適した発注書の書き方とは。基礎知識を解説自社が受けた仕事の一部を外注企業や個人事業主に発注する場合、下請法を遵守する必要があります。仕事が発生する際に、下請事業者に対して発注書を交付することも、発注者側の義務となります。本記事では、正しく発注書を扱うための基礎知識を解説します。自社が受けた仕事の一部を外注企業や個人事業主に発注する場合、下請法を遵守する必要があります。仕事が発生する際に、下請事業者に対して発注書を交付することも、発注者側の義務となります。本記事では、正しく発注書を扱うための基礎知識を解説します。
2022.05.04
DX推進の課題とは?DXを導入できない/効果が得られない原因と解決へのヒントDXへの取り組みを進める日本企業は増えています。しかし、単なるIT化に留まり、導入効果を得られていない企業も多くあります。今回は、なぜそのような状況に陥っているのか、DX推進にまつわる課題について、原因と解決策を探ってみました。ぜひ、参考にしてみてください。
2022.05.03
請求書に押印が必要ないって本当?押印の方法や電子印鑑について解説ビジネスの現場で欠かせない請求書を発行する際、押印を忘れてしまったことはありませんか?実は、請求書への押印は必ずしも必要とは限りません。しかし、日本では押印を重視する商習慣が根強く残っています。今回は、請求書への押印について、そのメリットや注意点をご紹介します。
2022.05.02
領収書は今後どうなる?インボイス制度導入後に変わることを解説2023年度のインボイス制度の導入に伴い、請求書や納品書といった帳票書類の記載内容を変更しなければなりません。領収書も対応が必要な書類のひとつです。今回の記事ではインボイス制度における領収書について、役割や記載内容などをご紹介します。
2022.05.01
支払通知書は請求書と違う?メリットと記載内容について発注者が受注者に対して発行する「支払通知書」を目にしたことはありますか?支払通知書は、スムーズな支払い業務のために多くの企業が採用しています。今回は、支払通知書の役割やメリット、記載すべき内容、請求書や支払証明書など類似書類との違いについて解説します。
2022.04.03
消費税の端数処理はどうする?インボイス制度施行後の対策とは請求書の消費税計算に端数が出た時「切り捨て」を選んでいる方が多いでしょう。では、2023年10月からインボイス制度(適格請求書等保存方式)が導入されると、どのように処理しなければならないのでしょうか。消費税の端数の取り扱いについてご紹介します。
2022.04.02
棚卸しとは?必要な理由や実施するタイミング、注意すべきポイントについて在庫を抱える業種の場合、定期的に棚卸し作業を行います。しかし、その目的をよく理解せず、作業が慣例的になっているケースも多いのではないでしょうか。棚卸しは品質管理や利益確定のための重要な業務です。本記事では棚卸しの目的や手順の確認と注意点についてご紹介します。
2022.04.01
損益分岐点の計算方法は?経営改善につながるヒントをご紹介「損益分岐点」は企業の経営状態がわかる指標のひとつです。定期的にこの数値を把握しておくと、原価と利益についての意識が高まります。この記事では、損益分岐点を把握するための計算方法や、損益分岐点の視点から経営改善を図る方法などをご紹介します。
2022.03.03
プロキュアメントって何?重要性や最適化について詳しく解説「プロキュアメント」という言葉は耳にするものの、意味や重要性が理解できていないという方も多いと思います。今回は会社の利益向上においても重要になってくるプロキュアメントについて詳しく解説します。最適化におけるおすすめの方法もご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。
2022.03.02
2021年4月開始の新収益認識基準、おさえておきたいポイントを紹介2021年4月から適用が開始された「新収益認識基準」について、あまり理解できていない方も多いのではないでしょうか。本記事ではおさえておきたい5つのステップや適用時に必要な手順について詳しくご紹介します。まずは基本をおさえて導入の参考にしてみてください。
2022.03.01
企業会計原則とは?罰則はある?おさえておきたい7原則を解説企業会計原則は、すべての企業が会計時に従う必要がある基準です。決算書の監査においても使われており公正な会計処理に欠かせないものといえます。この記事では企業会計原則の基本となる7原則などについて解説します。管理方法が変化することも多い企業会計ですが、まずは基本となる考えをおさえておきましょう。
2022.02.04
電子帳簿保存法の電子取引とは?範囲や実施のポイントを詳しく解説BtoBビジネスでも電子取引が積極的に活用されるようになった現代において、「電子取引とはなにか」を押さえておくことは重要です。今回は、電子帳簿保存法における電子取引の範囲や実施のポイントについて解説します。
2022.02.03
電子帳簿保存法を申請するには?要件や必要書類について解説電子帳簿保存法の改正によって、スキャナ保存の要件緩和など新たにチェックしておきたいポイントがいくつかあります。今回は電子帳簿保存法申請のための要件や必要書類のほか、電子帳簿保存法適用のためのステップや、スキャナの具体的な要件などについても触れていきます。
2022.02.02
DX推進ガイドラインの概要や押さえておきたいポイントを解説DXをどのように推進していけば良いのか迷ったときは経済産業省による「DX推進ガイドライン」を指針にする方法が効果的です。今回はDX推進ガイドラインの概要や押さえておきたいポイントのほか、DXを導入するかどうかお悩みの方のために企業におけるDXの重要性についても触れていきます。
2022.02.01
DX戦略とは?メリットや成功のポイントを徹底解説市場のニーズが多様化するとともに技術革新のスピードが高速化している現代において、社内でDXを推進していくことはとても重要です。今回はDX戦略の基本的な考え方から、DX戦略を成功させるために押さえておきたいステップについて解説します。
2022.01.03
電子帳簿保存法改正で請求書保存が変わる。PDFの請求書はどうすればいい?帳簿書類のデジタル化を推進する電子帳簿保存法が2022年1月に改正されました。これにより、メール等で交わしていたPDFの請求書の保存方法も変えていく必要があります。法改正のポイントと、今後どのように保存すれば良いのかを解説します。
2022.01.02
タイムスタンプを知っていますか?必要なシーンと取得方法についてコロナ禍によりリモートワークが増え、会計書類や契約書をオンラインで交わす機会が増えました。そこで電子書類の信頼性について証明できるのが「タイムスタンプ」です。2022年1月から改正された電子帳簿保存法でのタイムスタンプの緩和も加えて紹介します。
2022.01.01
電子帳簿保存法改正って何?経理処理において変わることをアップデートしよう会計関係の書類のデータ保存を可能にする「電子帳簿保存法」に、新たに緩和条件が加わり2022年1月から施行されました。事務作業の変更は手間がかかってしまうかもしれません。しかしペーパーレス化や経理の作業負荷・コストの軽減などのメリットがあるのでぜひ知っておきましょう。

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ84,145社のご契約をいただいています(クラウドサービス61,319社、レンタルサーバーサービス22,826社。2022年3月末現在)。「楽楽販売」はラクスの登録商標です。