クラウド型販売管理ツール

外注先管理ラクにする
~外注管理で業務効率化・トラブル回避~

案件、発注、支払情報の一元管理・脱Excelで
作業時間を大幅短縮&対応漏れ・ミスを削減!

外注先管理とは?についてはこちら
  • 紙やExcelでの管理で転記が手間、
    案件の増加に伴い入力ミスや
    漏れが発生している

    楽楽販売なら

    転記の手間がなくなる!|外注管理で業務効率化・トラブル回避

    データの自動登録
    転記の手間がなくなる!
    画面のカスタマイズで、
    入力ミスを削減&効率化!

  • 外注先が多く、Excelでの
    発注書の作成に時間がかかる

    楽楽販売なら

    ワンクリックで発注書を発行!|外注管理で業務効率化・トラブル回避

    発注データからワンクリック
    発注書を発行!
    作業を効率化できる

  • 外注先ごとの
    支払期日管理ができておらず、
    支払漏れや遅延が発生している

    楽楽販売なら

    支払サイト管理で対応漏れ削減!アラートも可能!|外注管理で業務効率化・トラブル回避

    さまざまな条件に応じた
    支払サイト管理
    対応漏れ削減!
    アラートも可能!

外注管理機能の利用イメージ

外注管理の利用イメージ

外注管理機能の導入事例

関連お役立ち情報

外注管理とは?

業務の一部を外注化する際に、どの業務を外注化するのか、どこの外注先を使うのか、外注先との連絡方法や定期的に進捗を確認するなど、外注に関するあらゆることを管理することを指します。

業務を外注化するメリット

メリット1.コア業務に人的リソースを集中できる

専門性が高く、高度な判断が必要な業務のみに自社のスタッフを無駄なく割り当てることによって、より業務を効率化することができ、質も向上します。

メリット2.人件費の変動費化によって無駄を削減

季節に応じて処理しなければならない業務が増減するというケースは、処理量の多い時期にのみ外注化することによって人件費は変動費となり、無駄なコストをカットすることができます。

外注管理を成功させる3つのポイント

ポイント1.外注することができる業務の洗い出しと選別を行う

社内業務を外注化する際に、最初に行うことは、「外注することが可能な業務」と「外注する必要のある業務」の洗い出しです。社内のあらゆる業務をチェックし、外注化できるのかを検討しましょう。

ポイント2.優先する内容によって外注先を選定する

外注先によって業務の品質や、スピード、対応力や発注に対する理解力、さらには連絡の取りやすさなどの違いがあるため、優先する項目を明確にした上で選びましょう。

ポイント3.定期的に進捗を確認する

外注先に任せきりにしておくと、連絡のミスや行き違いなどによって、納期に遅延が発生するリスクも高まります。定期的な進捗確認など、あらかじめ決めておくのもいいでしょう。

外注管理の流れ

1.外注する業務内容を選定する

現状や課題を整理し、外注化することでより多くのメリットが得られる業務を選定しましょう。

2.外注先を選定する

外注する業務内容によって、適した業者を選定しましょう。

3.外注案件の発注書を作成する

転記ミスがないように、外注データから自動で発注書を作成できるシステムがあるとよいでしょう。

4.外注案件の進捗を確認する

いつまでに何をやるかなどの期日管理が重要です。

5.外注先へ支払いを行う

支払が遅れると信頼関係に響いてしまうため、支払期日の管理や支払金額の計算など支払業務を自動化してくれるシステムがあると安心です。

関連記事外注管理で業務効率化!外注する業務の選定や外注の際のポイントを解説!

外注先管理のよくある課題と解決方法はこちら

おかげ様でラクスグループのサービスは、のべ84,145社のご契約をいただいています(クラウドサービス61,319社、レンタルサーバーサービス22,826社。2022年3月末現在)。「楽楽販売」はラクスの登録商標です。