クラウド型販売管理ツール

楽楽販売 お客様各位

2021/8/20

財務会計システム「勘定奉行クラウド」と連携開始

株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村崇則、以下ラクス)が提供するクラウド型販売管理システム「楽楽販売」は、株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役:和田成史、以下OBC)が提供する財務会計システム「勘定奉行クラウド」製品とのシステム連携を開始致しましたのでお知らせ致します。

連携内容について

この度のシステム連携により、「楽楽販売」から「勘定奉行クラウド(※)」用の仕訳データをCSVで出力することができるようになり、見積・受注管理、売上・請求管理、会計連携までを一気通貫で行うことが可能となりました。(連携年間利用料39,000円/年)
※「勘定奉行クラウド」以外に、「勘定奉行11」、「勘定奉行11[個別原価管理編]」用のデータ出力が可能です。

利用イメージ

請求・支払・経費・未払い情報の仕訳データを連携(自動)

「楽楽販売」で見込み案件~請求管理、仕入~支払管理、経費管理を行う。
「楽楽販売」で管理している情報を「勘定奉行」連携用のCSVデータとして出力する。
「勘定奉行クラウド」へ仕訳データとして取り込みを行う。
「勘定奉行クラウド」で会計管理を行う。

請求・支払・経費・未払い情報の仕訳データを連携(自動)

「楽楽販売」について

「楽楽販売」は販売管理、顧客管理、案件管理をはじめとして、あらゆる社内業務をシステム化することができるクラウド型業務システム構築ツールです。専用のシステムはコストが高く、長い開発期間が必要ですが「楽楽販売」であれば簡単に各種画面のレイアウトや見積書などの帳票類の発行処理を担当者様自身で設定でき、すぐに導入が可能なため大幅な業務効率化が可能となります。柔軟にカスタマイズもでき、パッケージシステムでは自社の業務フローに合わないといったお悩みのお客様に最適なシステムです。

「勘定奉行クラウド」について

「勘定奉行クラウド」は、従来の使いやすさはそのままに、入力の自動化や学習機能、会計士・税理士と一緒に使えるサービス、様々なサービスとのAPI連携など、クラウドならではの充実したサービスで今まで以上の業務生産性を実現できます。

▼「勘定行クラウド」製品サイト
https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo

他、ご不明点やご質問がございましたら、御遠慮なく弊社までお問い合わせ下さいませ。

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス52,089社、レンタルサーバーサービス22,826社、合計74,915社のご契約を頂いております。(2021年3月末現在)「楽楽販売」はラクスの登録商標です。