クラウド型販売管理ツール

コラム

楽楽販売を活用した業務の効率化や顧客満足度の向上をお考えの方にとって、
役に立つ情報をお届けします。

最新20202019
2020/10/23
収支管理のポイントややり方とは?おすすめのツールもご紹介収支管理をしっかり行うことで、費用がどこでどれだけ動いたのかを把握できます。その結果、効果的な営業戦略をたてることが可能になり、顧客に刺さるアプローチも実現します。お金の動きが見える収支管理のポイントややり方をおさえ、企業の費用を正しく投資・運用できるようにしましょう。
2020/10/22
仕入れ管理とは?徹底することで得られるメリットとおすすめのシステムについて仕入れ管理は売上につながる1番最初の部分です。そのため、とくに入念な管理とチェックを行うことで、スムーズに製造・販売につなげることができます。今回は仕入れ管理の基本や注意点、おすすめのシステムについてご紹介します。
2020/10/21
案件管理とは?必要性やおすすめの管理システムのご紹介案件管理は今や企業にとってなくてはならないものです。案件状況を可視化し共有することで、組織が一丸となって顧客対応にあたることができます。メリットの多い案件管理を導入することで企業や従業員にどのような変化があるのか、おすすめの管理システムもふまえてご紹介します。
2020/10/20
販管費とは?販管費削減の方法も解説販売管理費とは賃借対照表で目にする言葉ですが、きちんと意味を理解している方は少ないのではないでしょうか。今回は販売管理費の内容や混同しやすい売上原価との違い、さらに販売管理費用の削減方法についてご紹介します。
2020/09/16
売上管理とは?目的や入力・システム導入のポイントを解説売上管理とは、企業や店舗が売上の進捗から問題点を洗い出し目標達成への施策を練るためのツールです。データから経営活路を見出すには、ただ数値を入力すれば良いというわけではありません。売上管理の基本的な考え方や入力、ツール選定のポイントについて解説します。
2020/08/01
顧客管理とは?企業に必要な理由とメリット・デメリット&導入のポイント現代では、顧客自身がインターネットを通して企業や製品の情報を確認できるようになりました。簡単に企業や製品の比較ができることから、今までのセールスアピールだけでは顧客の心を動かしにくくなりました。これからの企業に求められるのは品質やサービスの向上、良心的な価格だけではなく顧客との関係性です。セールスアピール以上に、どれだけ顧客の立場になって信頼を得られるかが企業利益を左右する鍵です。顧客との間に信頼関係を築くうえでも顧客管理は欠かせない手段であり、顧客とのコミュニケーションの基盤となる存在です。そこで今回は、顧客管理について詳しくご紹介します。
2020/07/05
事業者向け!サブスクリプションのメリット・デメリットについて解説!近年サブスクリプションサービスはとても身近なものとなり、ユーザー数も急速に増えています。需要に比例してサブスクリプションサービスを展開する企業も増加しました。しかし全ての企業が、サブスクリプションサービスを成功させているわけではありません。サブスクリプションサービスを運営するにあたってメリットとデメリットを見極め、自社が市場に参入すべきかを判断しましょう。
2020/07/04
サブスクリプションビジネスの売上管理の基本 計上・請求書発行のポイントとはサブスクリプションビジネスにおいて、売上管理は骨の折れる作業です。中でもとくに複雑だとされる売上計上や請求書の発行を効率化させるには、いくつかポイントがあります。今回はその内容についてご紹介していきます。
2020/07/03
サブスクリプションとは何?メリットと事例を解説!サブスクリプションサービスとは、月額や年額料金を設定して製品やサービスを販売するシステムです。サブスクリプション運営の鍵は、メリットとデメリットを把握したうえで顧客のニーズを掴むという点にあります。サブスクリプションの意味、また、メリットとデメリット、実際に販売されているサブスクリプションサービスの事例についてご紹介していきます。
2020/07/02
ERPパッケージとは?目的やメリットをご紹介ERPとは会計・生産・販売・人事など企業の基盤となる業務を一元化させたシステムです。大企業はもちろん、中小企業でも導入を実施しているところが多くあり、今では世界中の企業が当たり前のように取り入れています。ビジネスパーソンにとって身近な存在でもあるERPとはどのようなものなのか、導入のメリットやポイントについてご紹介します。
2020/07/01
サブスクリプション向けの管理システムって?機能や選び方サブスクリプションビジネスは一定品質以上の商品提供を継続的に行うことで、定期的に決済が発生するものです。さらに問い合わせ・商品発送など、細かな業務内容が膨大に存在する事業です。管理システムの導入によって、これらの業務の効率化が可能です。サブスクリプション型ビジネス向けの管理システムとはどういったものか、機能、選ぶ際のポイントなどをご紹介していきます。
2020/06/05
ダブルビン方式とは?メリットと他の方法との使い分けを解説ダブルビン方式とは、定期発注方式や定量発注方式をはじめとした6つの発注方式のうちのひとつです。ツービン法、2棚方式、複棚法など呼称はさまざまですが、基本は「使用分」と「ストック分」の2つに分けて在庫を管理します。今回はダブルビン方式の詳しい内容や適している製品、メリット・デメリットについてご紹介します。
2020/06/04
定量発注方式とは?定期発注方式との使い分けを解説ダブルビン方式とは、定期発注方式や定量発注方式をはじめとした6つの発注方式のうちのひとつです。ツービン法、2棚方式、複棚法など呼称はさまざまですが、基本は「使用分」と「ストック分」の2つに分けて在庫を管理します。今回はダブルビン方式の詳しい内容や適している製品、メリット・デメリットについてご紹介します。
2020/06/03
定期発注方式とは?定量発注方式との使い分けを解説定期発注方式とは、6つの発注方式のうちのひとつです。発注方式の中では定量発注方式と並んでポピュラーであり、多くの企業が取り入れています。商品量を需要に沿って安定させることができるという魅力があるものの、デメリットもあります。そのため一概に定期発注方式のみで量や期間を算出すれば安心、というわけではありません。今回は正しく定期発注方式を活用できるよう、定期発注方式とはなにかやメリット・デメリットなどについてご紹介します。
2020/06/02
6種類の発注方式の特徴と失敗しない在庫管理のコツをご紹介在庫過多や欠品など、不適切な発注・在庫管理は利益落下に直結します。正しく在庫管理を行うには適切な発注を行う必要があるため、自社に合った発注方式を適切に取り入れることをおすすめします。今回は6種類の発注方式の目的や内容、在庫管理を成功させるコツについてご紹介します。
2020/06/01
【失敗から学ぶ】SFA(営業支援システム)導入の必要性や成功のポイントを解説営業支援システムのSFAは業務効率化だけでなく、従業員のモチベーションアップや企業利益に結びつく存在です。しかし無計画なSFA導入は従業員に浸透しにくく、失敗に終わってしまいがちです。導入を検討する企業がシステム運用後に成功をおさめるためのポイントや、運用に失敗してしまう原因についてご紹介します。
2020/05/04
最近よく聞く顧客管理システム(CRM)って?基礎から運用のポイントを解説企業の運営において顧客管理は重要ポイントですが、難しい面も多いことから担当者の悩みとなりがちです。さらに近年、マーケティング手法の多様化によってより高精度の顧客管理が必要とされるようになっています。そこで多方面から注目が集まっているのが顧客管理システム(CRM)です。今回は、CRMの基礎や運用におけるポイントをご紹介していきます。
2020/05/03
販売管理システムを導入したい方必見!基本から選定・運用までを解説販売業務には、非常に多くの業務やフローがあり、そのため管理が難しく、企業や組織の多くでは悩みの種のひとつです。さらに近年では顧客ニーズの多様化などの影響もあり、ますます販売管理に求められる要素は多くなってきています。こういった課題解決に役立つのが、販売管理システムです。とは言えさまざまなシステムがあるため選択肢の幅が広く、自社に適したものを選ぶのも手間となります。そこで今回は、販売管理システムの基本や選定・運用の方法などをご紹介していきます。
2020/05/02
購買業務を楽にしたい…システム導入で解決できる課題やメリットをご紹介企業としての利益を追求する上で、購買はとても重要です。適切な購買業務によってさらに質を上げて仕入れ価格を下げることによって、企業の利益増につながります。適切に在庫管理を行うことにも関係するため、購買業務は企業運営において欠かせない業務です。しかし企業や組織の規模が拡大するにつれ、業務の負担の大きさや管理の難しさといった多くの問題が生まれます。今回は、購買業務の抱える課題や効率化するためのシステムを導入するメリットをご紹介していきます。
2020/05/01
売上管理|売上管理の方法と効率化のすすめ方も紹介売上管理は、企業にとって欠かせない業務といえます。なぜなら、多くの企業が売上をもとに利益を得て経営をしているからです。そのため、より高精度かつ効率的にこなさなければなりません。とはいえ売上管理の業務は多くの部署にまたがって行われることが多く、ミスが起きやすく効率化が難しい業務です。そこで今回は、売上管理の具体的な方法や効率化する方法をご紹介していきます。
2020/04/10
発注点って?発注点・発注量の決め方と大切な5つのポイントとは在庫管理は売上や利益に直結するため、非常に重要な業務です。そんな在庫管理にもいくつかの方法があり、在庫数があらかじめ定めた発注点を下回った際に発注をかける手法が発注点方式です。多くの企業で採用されている手法ですが、発注点の決め方が悩みの種になりやすいです。今回は、発注点方式や定期発注方式といった在庫管理の手法、また、発注点・発注量の決定方法、発注で大切なポイント5つをご紹介していきます。
2020/04/09
在庫受払って?在庫受払の業務内容と在庫管理のポイントとは在庫管理において特に重要となるのが、受払です。在庫は新たな入庫や出荷によって変動し続けており、販売や製造業において常に適切な在庫量にコントロールすることは欠かせない作業といえます。今回は在庫受払の業務内容と在庫管理のポイントについてご紹介しますので、実務への参考にしてみてください。
2020/04/08
在庫管理のクラウド化で効率化!在庫管理システムを徹底比較!販売業や製造業において商品や原材料などの在庫管理は重要な業務のひとつですが、発注や入出庫などの一括した管理が必要となり、課題点も多いものです。こういった課題点は、在庫管理のクラウド化によって効率化と精度アップに繋げることができます。今回は、在庫管理のクラウド化のメリットや人気の在庫管理システムをご紹介していきます。
2020/04/07
在庫管理って?目的と管理が難しい3つの理由とは販売業などにおいて円滑に業務を進めるためには、適正な在庫を持つ必要があります。在庫量をコントロールするうえで重要となるのが在庫管理です。しかし在庫管理を的確に行うことは簡単ではなく、多くの企業や組織が課題を抱えています。今回は、在庫管理が難しい理由や目的についてご紹介します。
2020/04/06
支払業務の流れって?5つの問題点と業務効率化のためには販売業や製造業では商品や原材料、部品などの仕入を行う必要があります。ここで必ず行うことになるのが、支払業務です。当たり前の業務ですが、企業としての信用にも関わるため確実性と効率性が求められます。今回は支払業務の流れや問題点、そして効率化の方法をご紹介します。
2020/04/05
仕入と在庫の関係って?主な仕入のフローと取引形態を解説さまざまな業界において、商品の仕入は欠かせない業務といっても過言ではありません。加えて、仕入に付随した適切な在庫管理も重要です。これらのフローを適切に行うことで、無駄のない経営が行われるだけでなく業務の改善点の発見にもつながります。今回は仕入と在庫の関係や主な仕入フロー、取引形態についてご紹介します。
2020/04/04
仕入計上って何?3つの計上基準と計上する際の注意点とはビジネスにおいて、仕入や売上の正確な管理は重要な意味を持ちます。そのために必要なのが「計上」です。計上の意味や基準を正確に把握することで、仕入作業などを円滑に行うことができます。今回は仕入基準の基本や計上基準、そして計上する際の注意点についてもご紹介します。
2020/04/03
入荷・検収業務の流れって?必要な書類についてもご紹介販売するための商品や製造に必要な原材料を仕入れる際には、取引先に発注を行います。発注業務を的確に行うことも重要ですが、正確に発注したからといって常に正しい品が納品されるとは限りません。そこで重要となるのが入荷・検収業務です。今回は入荷・検収業務の流れや必要な書類などについてご紹介します。
2020/04/02
発注業務の流れって?発注手段ごとのメリット・デメリットとは製造や販売業務において、仕入は非常に重要な業務のひとつです。常に販売数や在庫数などを把握し、適切な仕入をしていなければ、売上をあげて利益を得ることはできません。そこで重要となるのが仕入管理です。今回は、仕入管理業務の目的や流れについて詳しくご紹介します。
2020/04/01
仕入管理って何?仕入管理業務の流れと目的についてご説明製造や販売業務において、仕入は非常に重要な業務のひとつです。常に販売数や在庫数などを把握し、適切な仕入をしていなければ、売上をあげて利益を得ることはできません。そこで重要となるのが仕入管理です。今回は、仕入管理業務の目的や流れについて詳しくご紹介します。
2020/03/10
債務回収業務とは|業務の流れと注意点について解説顧客と取引を行って売上が発生したからといって、必ず代金が入金されるとは限りません。商品やサービスを先に顧客へ引き渡し、後に支払いが行われる企業間取引においては、常に「未入金」というリスクがあります。請求を行っても代金が支払われない場合、企業の経営にもダメージを与えることになります。そのような事態を防ぐために大切なのが債務回収業務です。今回は、債務回収業務の流れと注意点についてご紹介します。
2020/03/09
請求書をワード・エクセルで作成する方法とテンプレートの活用請求書の作成方法は、多岐に渡ります。かつては手書きで請求書の作成を行うこともありましたが、今日ではパソコンなどで作成、印刷を行う方法が一般的です。今回は、請求書作成専用のソフトを使用する方法ではなく、ワード・エクセルで作成する方法とテンプレートの活用方法をご紹介していきます。
2020/03/08
請求業務を効率化するには?請求管理システム導入のメリットをご紹介請求業務は、提供した商品やサービスに対する代金を受け取るための大切な業務です。企業にとって不可欠な業務だからこそ、効率化が求められます。とはいえ、請求業務は管理が難しく、人的ミスが起こりやすいといった課題がいくつもあります。そこで今回は、請求業務にあたっての課題を解消し、請求業務を効率化する方法や請求管理システムの導入のメリットなどをご紹介していきます。
2020/03/07
請求業務とは|業務の流れと注意点をご説明企業や組織で売上を計上して利益を得るためには、商品やサービスを販売した代金を確実に受け取る必要があります。一般的な企業間取引では、商品を引き渡した後に代金を受け取ります。そこで請求内容を確定し、請求書などを発行する請求業務が発生します。これは、商品やサービスの販売を行う企業や組織では必ず発生する業務です。今回は請求業務の概要や流れ、そして注意点などをご紹介します。
2020/03/06
出荷管理を効率化するには?問題点と効率化のための8つのポイント受注から顧客に商品を引き渡すまでの過程のひとつである出荷業務は、複数の部署にまたがって行われることが多いです。そのため、販売において効率化が難しいものと考えられています。そこで、今回は出荷管理の問題点と効率化のためのポイントをご紹介します。
2020/03/05
売上計上とは|売上計上時期と計上するときの注意点をご紹介一般的に、企業の運営目的は売上をあげて利益を得ることです。そのため、売上の計上は企業にとって重要な業務です。ですが、業種によっては計上タイミングの判断が難しいケースもあります。売上の計上タイミングは企業ごとに異なっている場合もあり、混乱してしまいがちです。そこで、今回は売上計上時期と計上にあたっての注意点を解説していきます。
2020/03/04
出荷指示を行う際のポイントとは|納品書が出荷指示のケースもご紹介顧客から注文を受ける際に最初のステップとなるのが、出荷指示です。出荷指示が適切でなければ、スムーズに顧客に商品を引き渡すことができません。場合によっては納品ミスや納期遅れの原因にもなります。出荷指示とは何かを今一度確認し、行う際のコツもおさえておくことをおすすめします。今回は出荷指示を行う際のポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。
2020/03/03
出荷・納品管理とは|業務内容と管理システム比較5選販売において、出荷や納品管理は重要な意味を持ちます。その一方で情報共有が難しく、現場が混乱してしまったり受注から出荷・納品までに必要以上に時間がかかってしまったりなど、管理業務にはさまざまな問題があります。そんな問題解決の手段として近年注目されているのが、管理システムの導入です。今回は出荷・納品管理の業務内容やおすすめの管理システムをご紹介します。
2020/03/02
出荷管理とは|主な業務内容と6つの問題点について解説商品の発注に対する出荷は、販売における重要なセクションです。一見するとシンプルな業務に思えますが、受注が増えると作業量も増え、複雑化します。だからこそ、適切な管理が求められます。そこで今回は、出荷管理の主な業務内容と問題点についてご紹介します。
2020/03/01
受注書の作り方マニュアル|具体的な受注書の書き方とテンプレートをご紹介企業間の取引において、発注を受けた際に最初に行うのが受注書の作成です。相手の発注に対して承諾の意思を示すための書類ですので、ビジネスにおいてとても重要な意味を持ちます。そこで今回は、具体的な受注書の作り方やすぐに使えるテンプレートをご紹介します。
2020/02/10
受注手段・方法とは?受注手段ごとのメリットとデメリット企業の利益に直結する「受注」ですが、手作業が多く手間のかかる業務のため人手不足・トラブル・人為的なミスなどを引き起こしてしまうことがあります。取引先によって意向が異なるため、複数の受注手段を併用している企業が多いというのもトラブルが起きやすい要因です。今回は、主な受注手段である「電話」「FAX」「メール」「WEB」「EDI」にはそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか、どこに気を付ければいいのかをご説明します。
2020/02/09
見積もり業務効率化!エクセルでの見積書作成と管理システムの導入をご説明見積り業務とは、見積書の作成をはじめ見積りに関する一連のフローを管理する業務のことを指します。見積書はどう作成してどう管理すればよいのでしょうか。一例としてエクセルで見積書を作成する方法をご説明しますが、エクセルなどによる作成は管理が属人的になりやすいためあまりおすすめできません。そこで、より受注率・利益率・業務効率のアップが望める見積管理システムについてもご紹介します。
2020/02/08
受注管理の業務とは|受注の流れを3ステップでご紹介受注管理とはお客様から注文を受け付けたり、注文書の作成及び発行をしたりする受注に関する情報の管理と、一連の手続きのことをいいます。Eコマース事業を展開する企業が増えた近年では、在庫の管理や出荷管理も含めた一連の業務までの管理業務を効率化することを目指す企業も増えています。この記事では、受注管理の基本の流れと業務一覧について、さらに業務のシステム化によるメリットをご紹介していきます。
2020/02/07
販売ルートとは|販売ルートの詳細と考え方をご紹介新しく開発された商品やサービスがどのようにして私たち消費者に届くか、考えたことはありますか。商品によって生産者から直接お客様に届けたり、お客様との間に第三者が介入したりと販売ルートはさまざまです。今回は、商品の種類とそれぞれの販売ルートの分類についてご紹介します。
2020/02/06
販売管理業務の流れとは|経営で重要な業務フローをご説明商品やサービスを提供している企業であれば、業種にかかわらず、代金を回収し売上を確保することがビジネスの根幹となります。自社の製品がどれだけ売れたか、在庫はあるか、代金の回収は終わっているかなどの情報が不明瞭であることは企業にとっては経営状況が見えない危機的な状況です。このことから、販売の情報を管理する販売管理業務は経営で重要な業務フローであると言えます。今回は、重要な業務フローである販売管理についてご紹介します。
2020/02/05
販売管理と会計管理の関係とは|理解することの重要性もご紹介企業としての利益や売り上げに直結する販売管理は、ビジネスを展開する上でとても重要な意味を持ちます。しかし、一方で会計管理と混同されてしまいがちです。そこで、今回は販売管理と会計管理の関係性と違いや、理解することの重要性をご紹介します。
2020/02/04
販売管理の効率化とは|業務効率化で得られるメリットもご説明販売管理では資材の仕入れから請求書の発行まで、販売活動全体の流れを管理します。各部門の担当者との連携も必要なので、情報共有の精度が重要です。この記事では、販売管理業務の課題や販売管理システムを導入するメリットやデメリットをご紹介します。
2020/02/03
販売チャネル(販売経路)とは|戦略の段階と役割についてもご説明企業として、売り上げや利益のアップを目指すのは当然のことでしょう。そのために大事になってくるのが販売業務です。そんな販売の戦略において近年特に販売チャネル(販売経路)が重要視されています。今回は、販売チャネルの概要や役割をご紹介していきます。
2020/02/02
販売形態とは|小売業と卸売業のビジネスモデルもご紹介企業としての売り上げをあげて利益を確保する上で、販売は重要な意味を持つセクションです。販売は大きく分けて小売業と卸売業に分類されます。今回は小売業と卸売業の違いや、それぞれのビジネスモデルについてもご紹介します。
2020/02/01
販売管理とは|販売管理を行う目的と業務の流れもご紹介販売はビジネスにおいて売り上げに直結する重要なセクションのひとつです。多くの企業が売り上げを伸ばすことを考えるのは当然のことですが、販売の管理までは行き届いていないというケースも少なくありません。そこで、今回は販売管理の重要性や目的、そして販売管理業務の具体的な流れとメリットもご紹介します。
2020/01/10
予実管理とは?重要性から具体的な手法・ポイントまで解説企業では期間を定めて計画や予算を立てた上で、達成を目指して業務を行うのが一般的です。そこで重要となるのが、計画や予算と実際の状況を確認するための予実管理です。とはいえ、実際に現場ではどのように管理すればいいのかわからないという担当者の方も多いようです。そこで今回は、予実管理の重要性から具体的な手法、ポイントなどをご紹介します。
2020/01/09
Excel業務を効率化するには?具体的なテクニックやExcel業務の課題を解説!IT化が進んだこともあり、どこのオフィスでもパソコンが当たり前に導入されています。そんなパソコンのソフトウェアの中でも、特に使用頻度が高くなりがちなのがExcelです。使いこなせればあらゆる業務で活用できるExcelですが、業務効率を考えると課題も少なくありません。そこで、今回はExcel業務の効率化や課題についてご紹介します。
2020/01/08
間接費とは?直接費との違いや間接経費・間接人件費について解説!ビジネスにおいてコスト管理は重要なポイントとなります。しかし、コストにはいくつかの分類があり、中には一見しただけでは目には見えにくいものも少なくありません。間接費もそのひとつです。コスト削減を考える場合、直接費のみでなく間接費についてもしっかりと考える必要があります。そこで、今回は間接費と直接費の違いや削減方法などをご紹介します。
2020/01/07
回収業務におけるポイントとは?具体的な業務フローなどを紹介します業種を問わず、売上が発生すると同時に必要となるのが回収業務です。あまりにも当たり前の作業ですので、あまり意識したことがないという方も多いかもしれません。ですが、商品やサービスなどを納品しても、その代金を回収できなければビジネスとしては成立しません。つまり、回収業務はビジネスの基本的なポイントのひとつであり、大切な意味を持つセクションなのです。そこで、今回は回収業務におけるポイントや、効率化のための具体的なフローなどをご紹介します。
2020/01/06
滞留債権とは?不良債権にしないための方法を紹介しますビジネスにおいて商品やサービスを提供した際に売上が発生すると、その代金を回収しなければなりません。通常は決められた期限内に入金されます。しかし、何らかの事情で支払いが遅れてしまうケースもあり、これが滞留債権と呼ばれます。企業として売上を上げ続ける上では滞留債権の管理は避けることができません。そこで、今回は滞留債権の管理や不良債権にしない方法をご紹介します。
2020/01/05
BPMとは?機能・特徴から業務改善に活用するメリットまで徹底解説企業の業務管理プロセスは、現在まででさまざまなものが提案され、実行されてきています。その中でも近年注目を浴びているのが、BPMという取り組みです。今回はBPMの基本的な考え方や、特徴などをご紹介していきます。
2020/01/04
納品管理とは?業務内容や注意点について詳しく解説します個人間でも重要ですが、企業間で最も大切なのは、お互いの信頼を失わないことです。企業間同士で信頼関係が確立されていないと取引先との契約が取れず、交渉が決裂してしまうケースも考えられます。そこで今回は企業が信頼を得るために最も重要な業務である「納品管理」についてご紹介します。納品管理の基本的なフローや、効率的な方法などをピックアップしますので、参考にしてみてください。
2020/01/03
債権管理はなぜ重要?業務内容やシステム導入のメリットをご紹介企業にとってキャッシュフローの改善は、会社の利益を上げるために必要不可欠なポイントです。しかしキャッシュフローは、昨日の今日ですぐさま改善できる問題ではありません。そこで今回は、キャッシュフローの改善に効果的な債務管理について詳しくご紹介します。
2020/01/02
購買管理とは?5つの原則や効率化するポイントを紹介規模を問わず、どの企業でも必ず「購買活動」は発生するものです。購買がきちんと管理されていると、ストの削減や収益のアップが見込めるため、購買管理は重点的に見直しておいて損のない業務です。しかし一方で購買管理のフローや、管理する際のポイントを掴みきれていない企業も多いのではないでしょうか。そこで今回は、適切な購買管理の手順やポイントをご紹介します。
2020/01/01
売上計上基準はどう決める?基準の種類から業種による違いまで解説経営や商売をしていく中で最初の課題となってくるのが、売上の計上問題です。売上を計上するタイミングは、一度決定すると正当な理由がない限り変更することができません。そのため、最初にきちんと決めておかないと、のちのち経営で困ってしまうケースが考えられます。そこで今回は、売上を計上するタイミングや基準について詳しくご紹介します。売上計上基準の仕組みをきちんと理解して、正しく売上計上基準を採択していきましょう。

株式会社ラクスのロゴ

おかげ様でラクスグループのサービスは、クラウドサービス47,366社、レンタルサーバーサービス22,826社、
合計70,192社のご契約を頂いております。(2020年9月末現在)「楽楽販売」はラクスの登録商標です。